集客できる看板のあるべき姿 - ブログ活用 - 専門家プロファイル

和久井 海十
セルフメディアエイジェント 
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:Webマーケティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

集客できる看板のあるべき姿

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. ブログ活用
おはようございます!アメブロ戦略活用塾、塾長の和久井です


さて、本日は集客について考えていきましょう。


アメブロのトップページをパッと見た瞬間
これは何のブログなのかが読者にしっかり伝わる看板(タイトル)

つけてますか?


コンセプトがしっかりと伝わってくる看板にするためには、
アメブロの内容が一言でタイトルに表現されているかどうか、がポイントになります。


タイトルをウェルカムボード的な役割とお考えの方が多いのですがそれは違います。


タイトルは広告なんです。


ブログコンセプトをしっかりと反映したタイトルならば、
半永久的に高い集客効果を得られるようになります。


「Amebaブログで売上げ10倍にする技術」でご紹介させて頂いた、
戸張賢治さんがオーナーの「有頂天酒場」の看板が変わりました!という
記事を見ました。迫力満点の新しい看板の写真が掲載されていました。


実際街で見かけたらすい寄せられそうです(笑)


しかしはじめてブログを訪問された方は、この有頂天酒場ブログのタイトルをみただけで、
「行きたいっ!!」という衝動にかられるのではないでしょうか。



有頂天酒場さんのブログタイトルは、ずばり

「神田で話題の唐揚げ食べ放題居酒屋」です。


アイキャッチ効果が高いタイトルにコンセプトが明確に打ち出されています。


では、実際にタイトルを考えるとき、何から手を付ければ良いでしょうか。


まずはアメブロのゴールを設定し、ターゲットと目的を明確化します。

たとえば、行政書士さんで、
起業しようといている個人事業主、社団法人を作りたい人、
外国人労働者の就労のための手続きや書類作成、
さらに、顧問契約の問い合わせもしてもらいたい場合。


明確な目的を持っているのに「自由気ままな生き方ブログ」だとしたら、
目的が全く伝わってきませんよね。


この場合、会社設立のプロという立場を訴求したタイトルにすべきでしょう。
そのためには「会社設立」や「外国人労働者」といった
検索キーワードをタイトルに入れなければなりません。




Amebaブログで売上げを10倍にする技術でご登場いただいた
行政書士の石下貴大さんのブログ「環境系行政書士への道」では、
石下さんの強みと実績がタイトルボードでしっかりと伝えられています。


さらに素晴らしいのは
「行政書士の立場から環境問題に取り組んでいこう。それが開業した時に決めたこと。」
という決意と思いが込められたメッセージが記されている点です。


このメッセージには、石下さんの人柄が映し出されています。


タイトルに検索キーワードを入れるという基本的なことからできていない
ケースが非常に多いです。
逆に言えば、ここをしっかり押さえ、さらに石下さんのように
メッセージを織り込むことで、アメブロで抜きん出た結果を出せることになるのです。


ブランディングの第一歩。
タイトルは練りに練りましょう!!



このコラムに類似したコラム

楽天EXPO2013って参加します? 森 美明 - Webデザイナー(2013/07/20 08:30)

情報発信は十六夜行動NG! 和久井 海十 - ITコンサルタント(2012/10/03 07:00)

Googleのハミングバード 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2013/10/10 16:15)

「誰に買って欲しいかを決める」と売れる法則 森 美明 - Webデザイナー(2013/07/31 09:27)

商品名を変えただけで人気商品に変身した商品とは? 森 美明 - Webデザイナー(2013/07/25 09:26)