多店舗化の第一歩・2店舗目をどうする! - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

森 大志
森大志税理士事務所 
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)

閲覧数順 2017年05月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

多店舗化の第一歩・2店舗目をどうする!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般

自宅の近所に妻とよく行っていた居酒屋がありますが、

最近は行かなくなりました。

妻が自宅の近くを自転車で通った時に、雰囲気のいい

居酒屋があると見つけそれから通うようになったのです

が、日本酒の種類も多く、その日のお薦めの料理など

も豊富で、本当によく通いました。

当然のようにお店も繁盛していて土曜日などはいっぱい

で、遅く行くと入れないくらい繁盛していたのです。

そのお店にどうして行かなくなったのでしょうか。

そのお店はご夫婦と、息子さん、アルバイト2人の5人

で切り盛りしていましたが、超繁盛店でした。

そして、当然のように2号店を出したのです。

本店は息子さんに任せ、近くの2号店にはご主人が行

きました。

本店はお客が付いているので、2号店は自分が行けば

なんとかなると思ったのでしょう。

今まで調理はご主人と奥さん、それを手伝うように息子

さんも担当していましたが、本店は息子さんが中心で、

新たに調理人を入れてやるようになったのです。

ところが、どうでしょう。

当然に今までと同じ素材を使っているはずなのに、味が

違うのです。

まずくはないが、おいしくないのです。

ご主人と息子さんでは調理の腕が全然違ったのです。

また、ママさんも新店の手伝いに行くことが多くなり、ママ

さんが作っていたウーロンハイなどのお店で作るサワー

類も、新規のアルバイトに任せることも多くなりました。

そうすると、アルバイトがお酒を飲まない人だと、悲惨な

ことになります。

焼酎の量が多かったり少なかったり、お酒の味も違った

のです。

自分がお酒を飲まないのですから、違いがわかるわけが

ありませんし、気にしないのです。

このようにして、このお店は評判を落とし、少しずつお客が

離れていったのです。

2号店を閉めご主人が本店に戻りましたが、時すでに遅く、

とうとう客足は戻りませんでした。

このように2号店の出店というのは非常に難しいのです。

そして、そういうときに、顧問先の方々と一緒に経営につい

て考えるのも、私たち税理士の仕事だと思っています。

税理士森大志は、顧問先の社長と一緒にがんばりたい、

少しでもお役に立ちたい、いつもそう思い努力しています。

「がんばれ社長」応援いたします。

このコラムに類似したコラム

「努力は人を裏切らない」という言葉が好きです! 森 大志 - 税理士(2013/01/16 08:02)

時代が求めるお客さんが多く集まるお店 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/19 20:11)

税理士さんも、需給バランスが崩れた結果 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/16 21:29)