なぜか相続が争続になってしまう社会の現実 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

森 大志
森大志税理士事務所 
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
藤 拓弘
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年02月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なぜか相続が争続になってしまう社会の現実

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般

相続争いといえば、大金持ちの話だと思っている人が多い。


でも現実は、普通の家庭でも起こる。


昔は家を中心に家族が成り立っていた。


だから家長の権限が強く、その言葉に従った。


また、家を守る考えも強かった。


いまは、自分の権利は主張しなければ損という人が多い。


すべて、損得で考える風潮。


そんな中で、争続にならないように遺言状を書く人も多い。


財産を残す人が、こうしたい、ああしたいという思いも一緒

に書く。


それでも、現実は揉めることがある。


兄弟姉妹普段から仲良く意思の疎通ができていれば、

問題がないのだが。


ほんとうに大変な時代になったものだ。


自分は一生懸命にやるだけです。


今後ともよろしくお願いいたします。

このコラムに類似したコラム

議論を避ける日本人と起業との関係 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/11 20:42)

山本太郎を笑える起業家は少ないはず その1 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/08 20:37)

メニュー偽装の今は、お客さんの心を掴むタイミング 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/06 20:42)

弁護士資格もわが国の既得権益者の代表格 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/06 20:14)

起業の最初の段階から悩むべきはお客さん作り 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/09/25 20:47)