住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の任意売却について - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の任意売却について

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の任意売却について



住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は


ホームページにも任意売却に関する説明や書式


のダウンロードのコーナーがあるくらいですから、


競売よりも任意売却を奨励しています。




しかし、


最近では任意売却の際の条件やルールが厳しくなり


競売になってしまう案件が増えています。


これについては住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の


ルールを悪用し、いたずらに任意売却の価格を引き下げ、


自社や関連会社に買い取らせた上に、


リホームなどをして加工し、再販売して利益を得る。


というような業者がいたためだそうです。




このような行為は本来の任意売却業務を逸脱する行為です。


販売価格が安くなりますから当然、

債務者は返済が少なくなりますし


債権者である住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)も


回収が少なくなってしまいます。


取引において、関係者の誰かがマイナスになると


その取引はうまくいきませんし長続きしません。




われわれ任意売却業者は自社の利益のために、


このような行為をしてはいけませんね。


結局、任意売却が出来なくて

競売になってしまい不利益を被るのは


相談者であるお客様なのですから、、、


このコラムに類似したコラム

任意売却物件をお探しの方へ 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/12/05 08:33)

任意売却そのものよりも、残債務の解決が大事!! 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/10/30 21:48)

住宅ローンの返済が滞ると直ぐに競売にかけられる? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/09/01 09:46)

離婚や相続物件の共有持分の売却について 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/08/12 09:33)

有持分3分の1の売却についてご相談です 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/07/28 11:40)