夙川「オンコー アン マタン」に取材に - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夙川「オンコー アン マタン」に取材に

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


パンニュース社「B&C」の取材に、夙川にある「オンコー アン マタン」に取材に寄せて頂きました。
西宮市西宮市川添町4-2
http://encore-un-matin.com/

今回の巻頭特集は「パン屋さんの焼き菓子」
こちらのお店にはマドレーヌやパウンドケーキだけでなく、パン・デピス、パルミエ、ピチビエ、サクリスタン、2色のマフィンなどなど、パンを買うついでにお客さんに手に取ってもらえるよう、たくさんのお菓子が並んでいます。

シェフはパトリス・ペゲロさん
フランスだけでなく、南アフリカの各地、カナダや東京や神戸、中国などなど世界で活躍してこられた方です。奥様の路子さんとともに去年にお店をオープンされました。


店名の「オンコー アン マタンencore un matin」とは直訳すれば「今朝もふたたび」というような意味ですが、

でもその言葉の奥には、今日もまた朝を迎えられたことを喜び、よりよい一日を過ごそうという、希望に満ちたニュアンスを含むのだそうです。フランスの、ある種の決まり文句だと教わりました。




パルミエの隣の「ソレイユ」が、このお店のロゴをかたどったサブレ。ちょっとリュネットのよう!


シェフの自信作「マフィン」はどれも2色になっています。


店名の後にはブーランジュリ・ヴィエノワズリboulangerie vienoisserieと つくだけあって、ヴィエノワズリ類もたくさんです。

ピチビエ(左から2つ目)もあります。私は、こうやって当たり前のように裸で売られているお菓子が好きです。本来あるべき姿だと思うから。今日作られたものが今日だけ売られ、お客さんにできるだけ今日中に食べてもらう。そんなあり方を私は支持します。

このコラムに類似したコラム

マロンのビュッシュ・ド・ノエル講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/12 00:31)

千歳烏山「ヴィエイユ・フランス」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/05 23:19)

夏の簡単フランス料理講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/08/06 23:26)

イギリスのお土産「ファッジとミントケーキ」 塚本 有紀 - 料理講師(2013/06/30 00:16)

ようやく解禁フランス産仔牛 6月の料理連続講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/06/10 23:25)