理事の決め方 - アパート経営・物件管理 - 専門家プロファイル

渡邊 浩滋
税理士・司法書士 渡邊浩滋総合事務所 税理士 ファイナンシャルプランナー
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

小川 和哉
小川 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

昨日の台風はすごかったですね


帰りの電車が途中までしかいかない

そこからタクシーに乗ろうと思ったら、長蛇の列


待っている間雨でずぶ濡れになると思い、事務所に戻りました

夜一人だけの事務所では、怖くてなかなか寝れなかった




先日、マンション管理組合の理事長になったとお話ししましたが、

そもそも理事はどのように選出されるのか


当然に立候補になるのですが、あまり進んでやる人はいないので、

輪番制がとられることが多いようです



輪番制とは、1年ごとで順番に役職が廻ってくるものになります

役員は、理事長、副理事長2名、会計担当、監査の5名。


輪番表を見ると、自分の番が廻ってくるのは、6年後でした


マンション管理は最初が肝心と思っていたので、

もちろん私は立候補するつもりでいました



創立総会は、管理会社の方が司会進行をしてくれたのですが、

「理事に立候補する方とかいらっしゃらないですよね~」

みたいな感じで聞いてきて、

自分が手を上げたので、かなりビックリしてました


手を上げたのは私だけ


みんなやりたくないんですよねボランティアだし

残りの理事は輪番表で決まりました。


創立総会の後、役員だけ残って、役職決め。

理事長は、私で決定。

他も難なく決まりました



後から、管理会社の方から言われたのですが、

「理事長引き受けて下さってありがとうございました。

いつも理事長を誰がやるかで揉めるんですよね。

最後は、あみだくじで決めることになるんですが・・・









あみだくじって・・・(懐かしい)


小学生の係を決めるんじゃないんだから・・・




とにかく理事長を引き受けたからには、しっかりと仕事しないと

まずは、管理組合のこと勉強しなきゃ


マンション管理士の試験でも受けてみようかな




~~~~~さらふセミナーのお知らせ~~~~~~~~~~


日時6月30日(土)13:00~17:00
場所TKP渋谷カンファレンスセンター
住所東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷東宝ビル
費用3,000円 

※ご夫婦等複数人で参加の場合は2人目以降は半額の1500円

お申し込みは、以下の健美家さんのリンクからお願いします
http://www.kenbiya.com/seminar/321546b




テーマは、

「税理士大家がこっそりおしえます♪ 負のスパイラルを断ち切る!大逆転満室経営」


年間の預金残高0円から1400万円に。税理士兼大家が賃貸業を再生した手法や考え方を実体験を基にお話しします。


AOA代表の下條雅也さんも一緒にお話しします

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

理事長2年目! 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/06/13 08:30)

税理士×理事長の誕生 渡邊 浩滋 - 税理士(2012/06/11 08:58)

週間ランキングで1位! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/05/17 19:00)

不動産バブルはいつ崩壊するのか? 巻口 成憲 - 不動産投資アドバイザー(2015/05/16 13:54)