サントノレ講座で - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

サントノレ講座で

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室
6月2日
製菓単発「サントノレ」講座にて


サントノレ Saint Honore


パリのサントノレ通りに店を構えていたシブーストさんが創作したもので、その通りの名前と、お菓子やパンの守護聖人(オノレ聖人)の両方にちなんで名付けたものなのだそう。1846年のことと言われます。

シュクレ生地にシューを絞って焼きます。別にプチシューを焼き、キャラメルがけして、シュクレ生地にのせていきます。

底にはフランボワーズのジャムを詰め、


サントノレ口金でシャンティを絞っていきます。

本来的にはシブーストクリームを絞りますが、お店ではまず見かけず、たいていはシャンティです。(シブーストは、手早く作業しなければいけないことと日持ちが悪いため、店頭には並びにくく、たぶん受注発注のみではないかと思います)。


私はサントノレが大好きです。
初めて食べた日、シュクレ生地とフランボワーズの酸と生クリーム、そしてところどころでシューが組み合わさり、なんておいしいのだろう!と思いました。初めての味です。ケーキでもシューでもタルトでもなく、初めての妙な組み合わせ。でもえらくおいしいと思いました。
学校の試験科目だったこともあり、とても思い出深いお菓子の一つです。

最近はフランボワーズ風味やバラ風味など、小さいサイズで、新古典菓子としての素敵なサントノレもいっぱいです。でもやっぱり基本はこのサントノレ。

久しぶりに作ると、(急いでいたため生地をフードプロセッサーで仕込んだため)ちょっとぶわっとしたなあ、とか、今日の天気なら生クリームはもう少し%が高くてもいいかなあとか、いろいろ思うこともありました。
シンプルな組み合わせゆえ、やっぱり基本のお菓子は難しいことを実感します。

このコラムに類似したコラム

人でなしと言われようとも・・5月の料理連続講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/05/12 23:30)

千歳烏山「ヴィエイユ・フランス」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/05 23:19)

日曜日はブノアへ…? 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/10/28 07:19)