外国会社の日本支店の社会保険 - 社会保険・労働保険 - 専門家プロファイル

渋田 貴正
株式会社アントレプライト 代表取締役 中小企業アドバイザー
東京都
組織コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
渋田 貴正
(組織コンサルタント)

閲覧数順 2017年09月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外国会社の日本支店の社会保険

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 社会保険・労働保険

外国会社では、日本に独立した法人を設置しないで、日本支店の設置という形で営業活動を行うことがあります。

この場合そこで働く日本人の社会保険はどうなるのでしょうか?

外国の法律に準拠して設立された外国会社は日本でも法人として取り扱われますので、社会保険の適用事業の原則に従って強制加入、そしてそこで働く方々は年収130万円以上、パートの方は労働時間が正社員の3/4以上であれば被保険者となっています。

また、雇用保険・労災保険も従業員を雇うなら原則通り加入する取り扱いになります。

ただし、上記の取り扱いは支店設置の登記をした場合であり、外国の駐在員のような形で登記せずに活動する場合には、個人事業主と同様、社会保険の加入義務は生じません。

外国会社といえど、支店の登記をすれば社会保険の届け出が必要となりますのでご注意ください。

中野区のプライト社会保険労務士事務所
中小企業の経営コンサルティング 株式会社アントレプライト

▼以下当社からのサービスのご紹介です。▼
社労士とシステム会社のコラボ!勤怠システム改革

社員の業務お見せします。見える化と社内セキュリティ強化の一台二役

社員の仕事ちゃんと評価できてますか?「平等」な人事評価制度で社員のモチベーション、業績アップ!

単なる代行屋じゃない。社長のお悩み解決します。だけどまずは給与計算代行・社会保険手続き代行で当社の質を確認してください。

このコラムに類似したコラム

パートタイマーが3/4要件を満たさなくなったら? 渋田 貴正 - 組織コンサルタント(2012/05/28 12:54)

仕事のやりがいを感じさせる評価制度 渋田 貴正 - 組織コンサルタント(2012/05/25 10:47)

組織の風通し 渋田 貴正 - 組織コンサルタント(2012/05/21 15:23)

2014/03/01 人事労務最新情報 小岩 和男 - 社会保険労務士(2014/03/04 00:37)

読売新聞夕刊に私の記事が掲載されました 羽田 未希 - 社会保険労務士(2013/07/17 09:46)