パリの町歩き - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
水島 弘史
(料理講師)

閲覧数順 2017年04月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

パリの町歩き

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


ひとまずお昼に、「ハム&チーズ jambon et fromage」サンドイッチを買いました。
がっしり齧りついておなかを満たしたら・・

オデオンのMOFショコラティエ「ジョルジュ・ラルニコルGeorges Larnicol」へ
132, bd St Germain 75006 Paris
http://www.chocolaterielarnicol.fr/


まず始めに目につくのはカラフルなマカロン。そしてシェフがブルターニュ出身であることを物語る、そば粉のガレットやパレ(分厚いサブレ)、そしてクイニャマンの数々。パッケージに詰められ、おみやげにもよさそうです。

そしてチョコレートのコーナーにはボンボンがないのです。普通なら宝石のように美しいショーケースに入れられ、鈍い光を放って存在をアピールしてくるのに!
駄菓子屋さんのように並ぶのは、割チョコ(もちろん産地別の上質な品物。私にはちょっと酸味強しでしたが)やざっくり作られたトリュフ、マンディアンなどなど。しかも量り売りの楽しさ! ずいぶんと時間を過ごしてしまいました。





このお店の隣のパサージュを入ったところにあるのは
「アン・ディモンシュ・ア・パリ un dimanche a Paris」
4-6-8, cour du commerce saint Andre 6e
http://www.un-dimanche-a-paris.com/FR/nos-activites/la-boutique-chocolat.php
パリのある日曜日、といった意味でしょうか。なんとも素敵な響きです。

奥にはモダンなレストラン、上の階には教室もあるよう。




6層もあるチョコレートのタルト。中の焼きチョコ生地もガナッシュのようなムースも、とろけるようなおいしさ!


パフのチョコレートがけ。懐かしいような味がしますが、かかっているチョコレートは上質です。


シトロネットcitronette レモンのコンフィにブラックチョコレートをかけたもの。レモンにノワールって強すぎないのかしら、と思ったら、中のレモンはとてもマイルドで、きちんとバランスが取ってありました。

オレンジの輪切りコンフィ、チョコレートがけ
口に入れた瞬間、ぱっと浮かんだのは「バレンシアオレンジ!」。ものすごくよい香りです。


ピスタチオとグリオットのケーキ
フランス的ざっくりの食感を予想していたら、意外にも非常にキメの細かいパウンドでした。日本のみたい!

本当はエクレアも美しいムースケーキも買ったのですが、移動の途中にぐちゃぐちゃに。
パリ初日、食べ歩きの勘が鈍っていたみたい・・。
しかしどれも緻密においしいケーキでした。おすすめ。

このコラムに類似したコラム

芦屋「アマレーナ」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/04/05 00:15)

フォワ・グラをソテーに 3月の料理基礎講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2012/02/29 00:01)

マロンのビュッシュ・ド・ノエル講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/12 00:31)

アル・ポンピエレにて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/15 22:33)

千歳烏山「ヴィエイユ・フランス」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/05 23:19)