"no-no"とは? - 英語全般 - 専門家プロファイル

伊東 なおみ
ILSランゲージスクール 英語講師および日本語教師
東京都
英語講師および日本語教師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

"no-no"とは?

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般
Hello everyone!

According to Careerbuilder, the worst mistake you can make during the job interview is answering your cell phone or texting.

アメリカのオンライン雇用サービスサイト、Careerbuilderによりますと、応募者が最近の企業面接でやりかねない一番ヒドい失敗は、面接中にメールや携帯に応えてしまうことだそうです。どこの国も同じような問題を抱えていると思いますが、今日は反対に「面接官が面接時にやってはいけないこと」のTop 10をご紹介します: "Top 10 no-nos during the job interview"


1. Stay Away from Humor
2. No Opening Monologue
3. Avoid Closed Ended Questions
4. Rephrase General Questions
5. Avoid Leading Questions
6. Be Careful with Age
7. Never Ask About Race, Color, National Origin, and Gender
8. Do Not Ask about Religion or Sexual Orientation
9. Do Not Discriminate for Health or Disabilities
10. Avoid inquires about Marital Status, Children, Personal Life, Pregnancy and Arrest Record

どの国もだいたい同じようなことに気をつけるべきですが、6番以降は特にアメリカでは厳しいルールが設けられているようですね。

詳しい解説は、明日お知らせします!久しぶりの宿題ですね

ちなみに、no-no(複数形はno-nos; no-no's)は、「(不適切などの理由で)禁じられたこと;使っていけないもの」の意味です。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

"no-no"のブログの続き 伊東 なおみ - 英語講師および日本語教師(2012/06/04 18:00)

航空機事故からみる日本と英語の隔たり Dr.D - 英語講師(2010/11/03 09:00)

ar の発音方法・a と r を一つづつ音読みしてはダメ! 妹尾 佳江 - 英語講師(2016/03/29 13:21)