当り前の営業人材育成 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

営業は、自社の取り扱う商品やサービスを販売するとともに、会社の代表である。


いわば、社長の分身でなければならない。


では、そういう営業人材を育てるには、どうしたら良いか。


答えは、社長が営業を始め社員と頻繁に接触することである。


以前にも述べたことだが、社長は、会社のトップ(一番業績を上げる)セールスマンである。


会社のことは何でも知っている。


商品やサービスのことを知っていることはもちろんのこと、お客様についても一番知っていなければならない。


その社長が、今後、会社をどうしていくつもりなのか。


社長が考えるあるべき姿に向かうには、何をどうするつもりなのか。


お客様に対しては、どう相対していくのか。


これらの考えを、繰り返し、営業含め社員に話していかなければならない。


要するに、しつこくコミットメントすることが唯一の育成方法である。


中小企業様では、社員が少ないにも関わらず、このコミットメントが少ないというか、ない会社がある(問題なのは、社長がそう思っていないことなのだが)。


中には、前回、取り上げた会社名の(ブランドをお持ちの場合はそれを含め)由来を説明できない社員がいる会社もある。


これでは、顧客に満足な会社概要の説明できないのは、当たり前である。


自分の会社の概要も説明できない営業を、客先が信頼できるわけがない。


当然、商品やサービスの品質にも疑問を持たれる。


結局、業績を上げることが出来ず、会社を辞めていってしまう。


中小企業様では、どこも満足な教育をする余裕(時間、人材、金)がないと耳にする。


だからこそ、社長が、会社のことを、あらゆる機会をとらえて、コミットメントすることが重要なのだ。
















営業の人材育成、戦略立案、施策進捗管理についてのご相談は、お気軽にどうぞ。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

三洋電機解体に想う! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/05/18 12:02)

高ければ売れないは、間違い! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/02/27 07:25)

これからのビジネス 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/01/16 10:08)

お客様に提案する時は、目に訴えるものを準備して臨んで下さい。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/12/19 20:25)