商品の更新について - Webマーケティング全般 - 専門家プロファイル

袴田 剛史
株式会社スクロール360 ECコンサルタント
静岡県
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:Webマーケティング

小坂 淳
(ウェブ解析士マスター)

閲覧数順 2017年02月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

商品の更新について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. Webマーケティング全般
売上を伸ばすために オンラインショップ編


ショッピングサイトの更新について、いろいろと考えた結果
やはり重要なのは、新商品の販売、新キャンペーンの告知。
という結論になるケースが多いと思います。


では、その頻度、掲載期間の重複、必要な更新内容、

これらはどのようになりますか。

これを新サイトを設計する上で、考慮しておくべきです。


新商品は、該当するカテゴリーページのここに載せ、
新キャンペーンは、トップページのここに載せる。
キャンペーンは、最大5件ぐらい期間が重複するから、
トップページには、最新の2件を載せて、残りは
キャンペーン一覧という形で見せる・・・
という具合です。


「なんか、当たり前のことなんじゃないの?」

と思っている人も多いことでしょう。


ただ、立ち上げることにだけ注力を払っていると

意外に忘れがちなことなのです。

こういうルールのようなものを決めておかないと
立ち上げて数ヶ月もすると、更新がしにくくなってしまい
場合によっては、それによってページ導線が乱れ
その場しのぎで作った残像がそのサイトを使いにくくしてしまいます。
(事実このようなサイトを見かけることが少なくありません)


言い換えると、

初めから更新を考慮したサイト設計をしておくべきだ
ということです。


webサイトは立ち上げたら終わりではありません。
そこからが始まり。
そういう心構えで、臨んでください。



株式会社スクロール360
袴田 剛史 takeshi-hakamata@scroll.co.jp



このコラムに類似したコラム

ネット選挙解禁で何が変わる? 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2013/07/04 09:45)

あなた以外のホームページから買っている人がいます。 森 美明 - Webデザイナー(2012/12/06 09:47)

商品に魅力が無いから売れない? 森 美明 - Webデザイナー(2012/10/29 09:55)

amebaアプリが使えない! 森 美明 - Webデザイナー(2012/07/29 17:04)

ホームページの更新について 瀧内 賢 - Webプロデューサー(2012/06/29 18:00)