銀行窓販「一時払い終身保険」を巡るトラブル - 各種の経営コンサルティング - 専門家プロファイル

株式会社アースソリューション 代表取締役
東京都
経営コンサルタント
03-5858-9916
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

銀行窓販「一時払い終身保険」を巡るトラブル

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 各種の経営コンサルティング

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。

日本経済新聞より、銀行窓販での「一時払い終身保険」を巡るトラブル急増のニュース

国民生活センターへ相談する方の39.2%は、80歳以上の方。次いで70歳代が36.6%、60歳代が15.1%。

ほとんどが高齢者です。

高齢者ビジネスに携わっている私としては、全くもって他人事ではありません。

確かに、契約する本人の責任があるのは当然。しかし、一時払い終身保険の仕組みからして、80歳以上の高齢者が加入して、果たしてメリットがあるのでしょうか?長生きすればメリットがあるみたいですが、出たとこ勝負的な気がします。

それから、銀行は富裕層高齢者を、完全にターゲットにしています(銀行に限った話ではないが)。お金を持っている人は、とてつもなく持っています。余裕資金がないと、一時に多額の一時払い終身保険になんかお金を注ぎ込めないですからね。

しかし、いくら余裕資金であっても、元本割れはさすがに困ります。

しかも、問題は「元本割れのリスクなんて、そんな話は聞いていない」ということ。トラブルの元凶です。


銀行窓販だからといって、安心できるわけではありませんね。

契約者も、見極めは当然必要。

反面、認知症等で意思決定能力がない方には、成年後見制度等を活用して、財産を守るということも必要。現在、地域上げて制度の啓蒙活動を行っている位です。「振り込め詐欺」は一向になくなりませんし・・・

このご時世、サービスも多様化しているから、「こんなはずではなかった」にはならないようにしなければなりませんね。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社アースソリューション 代表取締役

介護事業所の開設から運営まで、オールワンでお手伝いいたします

有料老人ホーム施設長・訪問・通所介護管理者・老健相談員、事業所開発等の経験を活かし、2007年7月に弊社を設立しました。介護施設紹介サービスをはじめ、在宅・施設介護事業所の開設・運営支援・実地指導対策支援を行っております。

03-5858-9916
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

あいまいさが認められない時代 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2017/03/06 09:26)

これからはCDOの時代 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/09/03 06:49)

会議で反応がないのは反応したくないからです 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/07/23 06:00)

BYODの時代からBYOの時代へ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/05/30 10:58)

期限を決めて実行する プロジェクト型経営の勧め 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/12/17 09:24)