契約をやめたい! - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

アネシスプランニング株式会社 代表取締役
東京都
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

契約をやめたい!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅

■契約をやめたい!


このところ解約の相談が多い。


以前は新築マンションの契約をやめたい相談が多かった。

ところが最近では、

注文住宅や建売、

条件付土地契約と請負契約、

投資マンション

など…


契約の内容が複雑なものが多い。


特に、戸建て住宅に関係するものが目立つ。




◆実例1


注文住宅をあるHMと契約。

HMの担当は

「毎月少なくとも1回は打合せします!」

と豪語して契約書サイン。

フラットの優遇関係でとりあえず契約した。


しかしながら、まったくのウソ。

契約後すでに8カ月経過。

一度も打合せに来ない。

確かに着工は来年。

でも、1,2度は来るだろう…


信頼できないHMとその担当者。


結局、解約の方向へ…


設計や見積した人の気持ちを考えてしまう。

時間と労力をかけたのにキャンセルとは。

営業の怠慢。

全くひどい話だ。


営業マンも見極めが必要な時代である。







◆事例2


建売の契約。

売主との間に仲介業者がいる。

よくあるパターン。


しかしながら、この売主と仲介業者は系列。

売主は親が経営。

仲介業者は子が経営。


仲介業者が入れば仲介手数料を払うことになる。

親子で儲けるって、よくありがちな話だ。



この仲介手数料。

業者が売主の場合、建物には消費税がかかる。

しかし、仲介手数料はこの消費税を加味して計算してはいけない。


仲介手数料の額を計算すると、どうみても消費税を入れて計算している。


しかも、契約書には消費税額の記載がなく、建物自体の価格は不明。

恐ろしいくらい雑な契約書だ。

プロが見れば是正させるか、契約はしないだろう。


で、どうも、宅建業法違反臭い。


結局、信頼できず解約。


ネガティブ情報を検索すると、この仲介業者は過去に違反歴があった。

しかも、違反内容は法定上限額を超える仲介手数料の受領。


懲りずに同じ違反的行為だ…



■安易に契約はしない


請負契約は法的な整備が不十分なため、安易に契約はしない方がいい。

中には、請負金額の2割を違約金で請求してきたところもある。


売買契約は比較的法整備があるのでまだいい。


いずれにしても、契約してしまうと履行する分にはいいが解約するには大変。


だから、簡単には契約はしないことである。



もしくは、事前に専門家に相談することだ。



★☆契約に関するトラブル相談はこちらから
























































 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

ハウスメーカーの担当者の良し悪し 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2014/03/16 23:50)

神奈川県横浜市へ! 斉藤 進一 - 建築家(2013/10/09 23:02)

日常が美しく感じられる家でありたい 志田 茂 - 建築家(2013/08/15 19:32)

世界でひとつの普通の家を作る 志田 茂 - 建築家(2013/07/24 15:42)

後悔しないための 1+1 の家作り 志田 茂 - 建築家(2013/06/18 19:46)