次は絶対に、死なせないから【前世の記憶(その1)】 - 婚活全般 - 専門家プロファイル

木村 聡子
九州産業大学心理学講師 
福岡県
婚活アドバイザー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

次は絶対に、死なせないから【前世の記憶(その1)】

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 婚活
  3. 婚活全般

●次は絶対に、死なせないから【前世の記憶(その1)】

こんにちは。九州産業大学心理学講師 木村聡子です。

あなたは、前世の記憶について、ご興味ありますか?

このブログでは、あまりわたし自身のことを書いて来なかったのですが。

いろいろな導きがあったので、これからは、少しずつ、書いていきますね。

わたしが初めて、前世の記憶を見たのは、今から10年ほど前です。

ヒプノセラピー(または催眠療法)と、呼ばれるセッションを、受けていた時でした。

まだ、ルールズを知る以前。暗中、模索していた頃の経験です。

当時わたしは、あるトラブルで、悩んでいました。

すでに大学院(修士)まで、心理学を学んでいたので。

悩みの根本には、自分自身の潜在意識が、関わっていることは、知っていました。

いま思うと、知っていた、というより。【頭で知識として考えていた】と、いう感覚です。

ようするに → 頭でっかち(笑)

ヒプノセラピーには、前から興味があったので。知り合いのツテで、気軽に予約を入れました。

何度か通っていた、とある予約の、前日。わたしは、夢を見ました。

目の前で、家の天井にある、太い梁が、炎につつまれている場面です。

燃え上がる様子が、やけにリアル。いまだに、鮮明に覚えているくらい…。

まあ、あまり気にも止めず、セッションが始まりました。

その日は、これまでになく、スムーズにセッションが進みました。

わたしは9歳の女の子で、とても仲の良い、11歳の兄が一人います。

その兄が、だれかも、すぐにわかりました。顔は違っているのですが、【あの人】だと、感じるのです。

アメリカかどこかの、農場らしき家で。火事にあって、焼け死ぬ場面でした。

ふたりで、炎に包まれながら。兄は、わたしをしっかと抱きしめて、何度も言っています。

「今度は絶対に、あいつから、お前を守ってやる」

「約束する。次は絶対に、死なせないから」

「お前を必ず、生きて救い出すから」

(続く)





このコラムに類似したコラム

私も、お2人のようにワンピースが着たくなりました 木村 聡子 - 婚活アドバイザー(2013/11/05 19:23)

私は話すことで親近感を持ってもらえると思ってました! 木村 聡子 - 婚活アドバイザー(2013/10/09 21:03)

彼氏ゼロから幸せな結婚3か月コース第7期はじまっています 木村 聡子 - 婚活アドバイザー(2013/09/05 08:07)