LED照明からみえる売れるきっかけ - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

LED照明からみえる売れるきっかけ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大

先日、あるニュースで、LED照明の採用が50%を超えたとあった。


身の周りを見渡して、本当かな?という気がするが、真意はさておいて、なぜ、急激に売れるようになったかを考えてみたい。


LED照明は、ここ4,5年前から、市場に出だした。


京都議定書に伴う省エネ意識と、中村教授が青色LEDを発明したことにより、俄然、注目されるようになった。


LEDは、平均寿命2万時間と長く、消費電力が白熱電球の1/10、蛍光灯の1/3~1/5と少ないと、メリットは大きい。


難点は、光の直進性が強く、白熱灯や蛍光灯のように光の広がり(拡散)が少ない。


しかし、日本の事務所は、必要以上に明るい。


また、外灯や非常灯などは、それほどに明るい必要はない。


それより、取り外す工数、電気代のメリットの方が大きいはずだ。


では、なぜ、当初売れなかったのか。


価格が、メリット以上に高かったからだ。


前にも書いたが、LED照明は、ガラスを溶かしたり、ガスを注入する大型の設備は必要がない。


中小、零細企業でも参入できた。


だから、当初、国内だけでも200社を超える企業があった。


しかし、市場に受け入れられる価格で出せなかった。


白熱灯タイプでも1万円前後した。


直管型蛍光灯タイプなら、3万円を超えていた。


そこに、シャープが4,000円付近で出してきたことが、きっかけになり、大手他社に波及した。


続いて、東芝、パナソニック、そして、アイリスオオヤマと続いて参入してきた。


今では、白熱灯だけでなく、直管型蛍光灯、リング型蛍光灯も市場に出ている。


技術的にも、蛍光灯と変わりがない照度が実現できたこと、震災による電力不足も追い風になった。


以上から、市場に受け入れられる価格が、売れるきっかけになったことが分かる。


中小、零細企業には、非常に難しい課題だが、市場に受け入れられる価格設定が重要なのが、ここから分かって頂けると思う。


蛇足だが、市場に受け入れられる価格を、一旦超えたら効果が極端になくなるのは、最近の液晶テレビを見て明らかだ。














商品の販売戦略、販路開拓、営業戦略についてのご相談は、お気軽にどうぞ。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

中小企業様必見 ワンストップの考え方 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/10/29 06:27)

付加価値 液晶事業が厳しい理由 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/05/15 08:32)

知ってもらえてなければ買ってもらえない! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/05/16 18:13)

高いから売れないというなら、なぜベンツが売れる? 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/05/16 12:21)

計画との乖離 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/04/11 17:29)