やむを得ない事情があれば無収入で考えます。 - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

小林行政書士事務所 
北海道
行政書士
0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

佐藤 千恵
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
村田 英幸
(弁護士)
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)

閲覧数順 2017年02月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

やむを得ない事情があれば無収入で考えます。

- good

 

やむを得ない事情があれば無収入で考えるのが基本です。

 

養育費や婚姻費用を取り決める際に参考とする資料として前年の源泉徴収や確定申告の収入があります。

 

もちろん、前年も現在も大差ない収入が毎月得られているならそのまま数値を当てはめて養育費や婚姻費用の算定表を活用することになります。

 

また、貰う側が働ける時間や体力があるのに積極的に就業する努力を怠っている場合も、平均賃金などをもとに収入を当てはめる場合もあります。

 

しかし、病気で収入が途絶えている場合や乳児の監護養育に時間を割くために就業できない場合にはやむを得ない事情として、無収入である現状を考慮して養育費や婚姻費用を取り決めることになります。

 

個別のやむを得ない事情をきちんと調停委員などにわかりやすく主張すると良いと思います。

 

 

あなたが、笑顔になりますように。(‐^▽^‐)

あなたの力になれますように。

 

アメブロメッセでの問い合わせも

大歓迎 

慰謝料請求の内容証明、 示談書作成

離婚協議書・公正証書作成支援

北海道、旭川市の行政書士事務所

全国対応いたします。

  

お問合せは

0166-59-5106

090-3775-0449

メールは

cbx99670@pop01.odn.ne.jp

「All About プロファイル」登録専門家

小林行政書士事務所

 

養育費・婚姻費用算定無料サービス

離婚相談・離婚協議書作成

小林行政書士事務所 離婚情報室

携帯サイト

小林行政書士事務所 離婚情報室

 

事務所HPはこちら↓  

小林行政書士事務所

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(北海道 / 行政書士)
小林行政書士事務所 

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思いを最大限に込めた最高の文書を作成いたします。書面の作成はプロにお任せ下さい。

0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

養育費と事情変更の原則。 小林 政浩 - 行政書士(2012/10/09 00:53)

時代遅れの自称専門家 小林 政浩 - 行政書士(2012/04/29 00:23)

将来支給される退職金を財産分与の対象とした例。 小林 政浩 - 行政書士(2012/08/15 11:00)