ビジネススーツ - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

下村 豊
株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
新入社員の皆様、慣れないビジネススーツで疲れていることでしょう。


会社で指導されている先輩や上司の皆様は、その意味を説明できていますか。


中には、個性を主張したくて、茶髪という新入社員も居られるのではないでしょうか。


職種にもより、自由な服装が許されている職場もあると思います。


しかし、一般に営業は、ビジネススーツです。


なぜ?


そんなの、分かっているという方も多いことでしょう。


当たり前のことですが、念のため、私なりの解釈を下記に述べます。


営業は、会社の代表です。


どんな人と会うかもしれません。


上場企業の社長様と名刺交換する場面もあり得ます。


今は、若い方の服装に肝要になったと言われていますが、中には、厳しい方もおられます。


前回から、「第一印象が大切」と述べていますが、服装でそれを台無しにしてしまうこともないとは言えません。


だから、どんな立場の方からも受け入れられる服装が、営業の基本です。


それは、決して高価なものを着なさい、と言っているわけではありません。


新入社員にふさわしいフレッシュな服装、それが好印象に繋がります。


ちなみに、私は工場の現場に出入りする営業が長く、会社には作業着がありましたが、意識的にビジネススーツで訪問していました。


もちろん安物ばかりです。


なぜか、というと、ビジネススーツで現場に行って作業をしていると、現場の担当者が助けてくれるのです。


スーツのまま、現場のコンクリート地面に座り込むと、必ずと言って良いほど、綺麗な段ボールを持ってきてくれます。


また、クレームで油まみれの機械にもぐりこんで作業をしようとすると、ほとんどのケースで、現場担当者が手伝ってくれます。


お客様には、「ビジネススーツが作業着ですから、」と言っても、クレームで怒っていても、助けてくれるのです。


助けて欲しいからではなく、印象付けることが目的でしたが、ビジネススーツも、効果的な使い方ができますよ。


間違いなく、お客様の現場担当者には、覚えられましたから。






営業人材教育、営業同行、営業戦略立案のご相談は、ホームページにお気軽にどうぞ。






 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

これからの時代、守りより攻め! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/02/05 11:18)

今年入社の社員の皆さん 始めてのことに挑戦って!? 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/07/04 09:29)

営業の確率を追求するには、客観的データーが必要なのは当然。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/04/06 13:06)

営業は確率の仕事2 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/04/05 20:21)

営業の基本 自社紹介 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/02/14 18:22)