身も心も温まるポトフを 2月の料理基礎講座のお知らせ - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

猪名川 久美子
(テーブルコーディネーター)
笠井 奈津子
(料理講師)

閲覧数順 2017年07月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

身も心も温まるポトフを 2月の料理基礎講座のお知らせ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室
2月の料理基礎講座のお知らせ

寒い2月は鴨でポトフを作ります。

ただお肉と野菜を煮たらできるようにも見えるポトフですが、じつは水の量、塩を入れるタイミング、水の種類をどうするのか、でおいしさが全然違ってきてしまいます。
フランス産の鴨と一緒にたくさんの冬野菜をじっくり煮込み、タルタルソースと合わせます。
「ポトフをタルタルと合わせるなんて!」
昔習ったときに、びっくりしたことをよく覚えていますが、不思議なことにとても合うのです。
ソーセージも手作りします。

デザートはブルターニュの地方菓子、クイニャマンKouign-Amannです。
バターを折り込み、たくさん砂糖もふって、折りたたみます。本来的な大きな形に焼いて、切り分けていただきます。

上には洋梨のソルベを乗せようと思っています。
いつだったか行ったシェ・ミッシェルChez Michelで出てきたスタイル。とてもおいしかったことを今も鮮明に覚えています。
ブルターニュ出身のシェフ、ティエリ-・ブルトンThierry Breton(ブルターニュ出身で、ブルトンさんって、なんだかおかしくなってしまいます。大宮出身の大宮さんとか、滋賀県出身の志賀さんみたいなものでしょうか)さんは、今も変わらずご活躍中のよう。

前菜はホテルででてくるようなふわふわのスクランブルエッグの作り方です。
どなた様もどうぞお気軽にご参加ください。

2月16日(木)17日(金) *16日は満席
10:30より
受講料:9500円
ご参加お待ちしております。
igrek@yukitsukamoto.com



このコラムに類似したコラム

和歌山「パンステージ」に取材に 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/13 23:59)

千歳烏山「ヴィエイユ・フランス」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/05 23:19)

悔やまれるー! 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/10/30 15:52)

今年の洋梨 10月の製菓基礎講座にて  塚本 有紀 - 料理講師(2013/10/24 22:44)

一番強くて、一番好きなチーズ エポワス 塚本 有紀 - 料理講師(2013/10/21 23:59)