みかんのジャム - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

みかんのジャム

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


みかんのジャム

みかんをたくさんいただいたので、ジャムにすることにしました。あっさりクリアなジャムです。

日本の温州ミカンは「マンダリンmandarine」という種類に分類されます。原産地はアジア南東部。
普通の意味において、フランスにみかんがあるわけではないのですが、よく似た存在として「クレモンティンヌclementine」があります。
もう少し小振りで、もう少し強い味があって、つるんと皮も剥けます。大好きです。
ラジオやテレビからクレモンティーヌの歌声が聞こえてくるたび、「久しぶりにクレモンティンヌが食べたいなぁ・・」などと思います。フランスの冬の楽しみ。旅行に行かれる方はぜひ!

さてみかんジャムの作り方。
この作り方では(無農薬ではないので中身のみ使うため)とろみがでないので、珍しくペクチンを使います。さらさらでもよければ、どうぞ砂糖だけで。

140ccの瓶1本分
みかんの果肉(正味) 200g
レモン汁 20g(みかんの重量の10%)
グラニュー糖 30g(同15%)
ペクチン 2g(同1%)

1. ミカンは黄色い皮、白い皮ともに剥いて、実のみを取り出す。
2. 小鍋に入れ、レモン汁を絞り入れる。砂糖とペクチンを混ぜ合わせてから加える。
3. 強火にかけ、煮詰める。

このコラムに類似したコラム

基礎クラス8月のレッスンのお菓子 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/08/24 08:48)

お肉屋さんのテリーヌ 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/10/20 00:39)

シューが膨らむ条件 9月の製菓基礎講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/09/29 23:10)

日曜日のお楽しみ「ジロール茸のオムレツ」 塚本 有紀 - 料理講師(2013/09/29 00:02)