男らしさとは(2)~仕事における「男らしさ」 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

キャリアプランニング32 『働くレシピ』を考える キャリアデザイナー
東京都
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
竹間 克比佐
竹間 克比佐
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

男らしさとは(2)~仕事における「男らしさ」

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
ブログ記事 日々の思い


20代の頃ずっと強くなりたいと思っていた

それはある意味での
「男らしさ」が欲しかった気がする


20代の初めに道端でみた光景がひとつのきっかけ

男性同士の殴り合いの喧嘩に
そこにいた恋人と思われる女性が
仲裁に割って入った光景
どちらを味方するでもなく
両者の間をとりもつその強さを見た時


こんな風にできる女性が世の中にどれぐらいいるのだろうと思った


自分の大切な人が喧嘩に巻き込まれたときに
女性だから男性だからではなく
一人の人間として助けたいと思う


それは
肉体的強さの問題ではなく
精神的強さでもなく
「意識の差」なのだと思う


普段から自分の大切な人
もっと言えば自分の大切な人以外の人も含めて
守ろうという意識をもっているか



その思いは仕事をする事においてもつながる



例えば、何かあった時に
クライアント(顧客)を守るという意識を
常にもっているかどうか
この意識の差が問題が起こった時の対応の差につながる



例えば、マネジメントにおいても同じ
何かあった時に必ず部下を守る
という意識をもっているかどうか
その意識の差が日々の部下とのやりとりに明確になって伝わる



だから男性だけではなく
女性においても
「誰かや何かを守る」
という男的な感覚が必要になってきている


大きな仕事でなくとも
依頼された仕事はきちんとやり遂げる
それであっても「守っている何か」がそこにあるということ



仕事を通じて守るものを見つける
そして守るものを通じて自分の強さを手に入れる



もし今仕事が嫌でたまらないとしたら

「自分は何を守ろうとしているか」

そこにひとつの解決策が見える気がしている














………………………………………………………………
「キャリアのレシピ」について






 ☆「働く」をテーマにしたブログ。
  これから社会に出る方、すでに社会に出ている方
  自分のこれからのキャリアを考える方などよかったら
  読者登録ください。更新情報が届きます。








●キャリアデザイナー壷井央子のプロフィールの詳細はこちら
※「All About  ProFile」の登録専門家として今後コラムを更新予定。
http://profile.ne.jp/pf/careerplan32-yoko/

●フェイスブックをお持ちの方は
http://www.facebook.com/careerplan32 
(「キャリアプランニング32」のタイトル横のいいね!
      ボタンをクリックすると最新イベント情報などをチェックできます。)







●ツイッターもぜひフォローください。
http://twitter.com/careerplan32






………………………………………………………………

















カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / キャリアカウンセラー)
キャリアプランニング32 『働くレシピ』を考える キャリアデザイナー

あなたの『働くレシピ』=あなたらしい働き方をプロデュース

「食べること」が栄養を補給するためだけの行動から、幸せを共有する「楽しみ」に変わったように、「働くこと」も同じ。生活のためから、幸せを共有する「楽しみ」になる時代。あなたという素材を生かして、どんなレシピを作りますか?「働く」レシピの考案。

カテゴリ 「ブログ記事」のコラム

このコラムに類似したコラム

真に戦う相手は自分 竹内 和美 - 研修講師(2014/10/05 09:00)

葬祭ディレクターとウエディングプランナー 乾 喜一郎 - キャリアカウンセラー(2013/10/10 17:25)

(備忘録)あっという間の半年間 齋藤 めぐみ - キャリアカウンセラー(2013/06/18 10:56)