12か月で学ぶ哲学用語 東電社内事故調とデカルト的思考の接点 - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2019年02月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

12か月で学ぶ哲学用語 東電社内事故調とデカルト的思考の接点

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
日常を哲学する

12か月で学ぶ哲学用語(番外編)-東電社内事故調査委員会中間報告から見える東京電力のメンタリティーとデカルト的思考の接点-

今月初め、東京電力の事故調査委員会(正式には社内に独自に設置した「福島原子力事故調査委員会」)は原発事故に対する中間報告を行いました。(2011年12月3日報道)
東電及び同委員会は事故原因を「想定を超す津波の影響」とし、事前の事故対策も「原子力の安全について常に必要な対策を打ってきた」と述べたそうです。

報道で知る限り、原発事故の原因は見えてきませんが、それとは対照的に「よく見えてくるもの」があります。
それは「東京電力のメンタリティー」です。


全文はこちら→ クリック

(無断転載や無断複製禁止)
 中沢努  「人間としてのコンプライアンス原論」の内容をコラム用に書き換え

※ これは、弊社が行っている教育やコンサルティング で実際に使用しているものです。
(クリックで別サイトが開きます)


コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、http://pensee-cmp.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

カテゴリ 「日常を哲学する」のコラム

違反企業(12)(2019/02/15 15:02)

違反企業(11)(2019/02/12 10:02)

違反企業(10)(2019/02/08 12:02)

違反企業(9)(2019/02/01 12:02)

このコラムに類似したコラム

コンプライアンス資料(無料)に執着する人 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/02/15 17:27)

違反企業(12) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/02/15 15:12)

違反企業(11) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/02/12 10:54)

違反企業(10) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/02/08 12:46)

違反企業(9) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/02/01 12:53)