フリーランスの報酬について (Q&A回答続き) - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

後藤 義弘
代表取締役
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2017年11月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フリーランスの報酬について (Q&A回答続き)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
Q&A番外編 フリーランス
 【対象Q&A】 ''フリーランスの報酬について''

ご質問のようなステップを踏むと、フリーランスの期間2ヶ月については、上でお話した雇用上の補償が空白になるほか、社会保険についてもいったんご主人様の扶養から抜け、「国民健康保険」×「国民年金」に加入した後、2ヶ月経過後にまたあらためて会社の社会保険(「健康保険」×「厚生年金」) に加入、併せて国民健康保険から抜ける手続きをしなければならず煩雑な手間が発生します。
(もっとも、社会保険については質問−1のように労働時間が短く当初は加入しないこととなれば、当面この問題が発生することはありませんが・・・)

最初の2ヶ月間のお仕事内容、諸条件が、2ヶ月経過後のそれと大きく異ならず、先方の合意も得られるようであれば、最初から(フリーランスを経由せず) 雇用の契約 とし、例えばこの2ヶ月間を ''試用期間'' ととらえ、2ヶ月経過後に ''本採用'' … という流れを組むほうが自然かつ bonjourparis さんにとっても有利な取扱いのような気がしますが …? 

ご参考までに

以 上