住宅ローン金利と我々のリスク・プレミアム (1) - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

吉野 充巨
オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)

閲覧数順 2017年09月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン金利と我々のリスク・プレミアム (1)

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
資産運用の原則 借入金とリスクプレミアム
住宅ローンの返済と資産運用で悩まれる方へのアドバイスです。
住宅ローンの返済と、資産運用の損得を測る測定器があります。それはリスク・プレミアムといいます。

まず、確認です。住宅ローンには金利が付いています。これは貸し手(銀行)側から観ると、借り手である我々に向けた返済が滞る=信用リスクを取った、資産の運用といえます。住宅ローンの代表で有るフラット35の金利平均は07.09.01現在3.002%ですから、銀行だけでなく住宅支援機構等を含めた貸し手全員が得る期待収益率は約3.0%になります。

一方、我々に貸さずにそのお金で日本国債を買いますと無リスクでリスクで金利が得られます。その金利は指標とされる10年国債は07.09.05現在1.630%です。

従いまして3.002%−1.630%=1.372%が貸し手のリスク・プレミアムです。
言い換えると我々に貸すリスクに見合う分としてこれだけ貰いますということです。このリスクでは、返済が滞った場合に、我々の住宅を差し押さえ、そして競売に掛けて回収する金額もや、今迄のデフォルト率(日本は極めて低いです)等々十分な回収方法と予測値を持った上での上乗せとなります。