【よくある相談】 安く会社を設立するには? - 会社設立方法・手続 - 専門家プロファイル

辛島 政勇
株式会社FirstStep 取締役
大阪府
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

佐藤 良基
佐藤 良基
(司法書士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
佐藤 良基
(司法書士)

閲覧数順 2017年10月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【よくある相談】 安く会社を設立するには?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立方法・手続

「安くて簡単にできる」ということであれば、「株式会社」よりも「合同会社」のほうがいいでしょう。
設立も目的を問わず、とにかく安くて簡単にできる起業を目指されているのであれば、「LLP」や「合同会社」が適しています。ただし、LLPには法人格がないため、合同会社について説明させて頂きます。

 

【合同会社の特徴1 設立費用が安い】

設立費用についてですが、「LLP」は登録免許税6万円のみ、「合同会社」は登録免許税6万円、印紙税4万円の合わせて10万円です。 
一方、「株式会社」は登録免許税15万円、印紙税4万円、定款認証費用5万円の合わせて最低でも約24万円の費用がかかります。 
つまり、「LLP」をつくるのがもっとも安いですが、「合同会社」も「株式会社」よりはかなり安くつくることができます。(専門家に依頼すれば、司法書士報酬等の別途費用もかかります)

【合同会社の特徴2 設立後の手続きが簡単】

設立後の手続きですが、「株式会社」の場合、決算公告が義務付けられています。
また、取締役の任期は最長10年で、10年毎に登記が必要です。一方、「合同会社」「LLP」については、決算公告の義務や取締役の任期はありません。

☆注意点

現在では、「合同会社」よりも「株式会社」のほうがブランド力があり、信用力も高いという利点はあります。また「合名会社」「合資会社」も、「合同会社」同様に「安くて簡単にできる」会社です(ただし知名度は低いですが……)。

 

 FIRSTSTEPInc=================================================

 税理士・行政書士  辛島 政勇  Karashima Masao
 会社URL : http://www.firstep.jp  

 知らんと損する節税情報ブログ
 http://fs-osaka.blogspot.com/
 ===========================================================

 

このコラムに類似したコラム

「会社をつくろう!」②会社ができるまでの流れ 市山 智 - 司法書士(2012/07/04 00:00)

会社設立時の資本金はいくらがいいのか? 佐藤 昭一 - 税理士(2011/11/01 18:56)

【よくある相談】 合同会社と株式会社の違いは? 辛島 政勇 - 行政書士(2010/10/19 09:10)

起業について思うこと 3 ~資本金の金額 田中 紳詞 - 経営コンサルタント/ITコンサルタント(2013/06/28 00:41)

「会社をつくろう!」 ①起業のカタチ 市山 智 - 司法書士(2012/06/19 19:06)