2.5倍! - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

高橋 正典
スタイルグループ 代表取締役
東京都
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年10月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2.5倍!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産業界の今とこれから

4月の不動産取引額が対前年同月比2.5倍!!


不動産売買が活況を呈しています。未来総合研究所の調査によれば
4月の不動産取引額は、前年同月比2.5倍と膨れ上がり、5月も前年を
上回る見込みのようです。
前年を上回ったのは、11か月ぶりというから、興味深い数字ですね。

では、実需の現場はどうか?


今、多くのお客様が「物件が少ないんでしょう?」と、現在の状況を
ご理解されています。でも、何故物件が少ないのでしょうか・・・

  1.多くの分譲業者が倒産した
  
  2.昨年末の売れ行き不振から、事業用地の取得を控えていた
  
  3.金融機関の不動産業者向け融資が出なくなった
  
  4.不況下である為、用地取得に慎重になり従来よりも、安め
    安めの仕入れを心がけた

こんな経緯から、現在の流れが起きています。
しかしながら、物件は少ないのは事実ではありますが、同時に仕入れが
安く出来ている為、そもそもの物件価格が、安めに設定されている
という側面もあるのです。

最近、数か月前の値下げイメージを持たれたお客様が、気に入った物件
でありながら、価格の交渉をしようとした結果、他のお客様に物件を取
られるケースも増えて来ています。

もちろん、何でもかんでも言いなりで購入する必要はありませんが、
このような状況を踏まえた上で、信頼できるエージェント(不動産業者)
をぜひお探し頂き、ホントに売れそうな物件なのか、営業トークとして
売れそうだと言っているのか、正しいアドバイスを得ながら、好機を逸
しないようにしてもらいたいと願います。

こんな時代に最も必要なのは、信頼できるパートナーでありエージェント
なのです。