担当者次第で結果が大きく変わってしまう採用活動 - 人材採用全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材採用

中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)

閲覧数順 2022年06月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

担当者次第で結果が大きく変わってしまう採用活動

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材採用
  3. 人材採用全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 採用に苦労している会社からの相談は相変わらず多いです。

 「うまくいっているので問題ない」という話はここしばらく聞きませんから、人材を求める企業のほとんどが、何らかの課題を抱えているのではないでしょうか。

 

 採用活動を進めるにあたって、「採用担当者」の重要性は以前からずっと言われていることです。

 会社員の生涯賃金は平均で2億円前後などといわれますが、一人採用するのは2億円の買い物をすることと同じで、採用担当者にはかなりの目利きが要求されることになります。

 そうは言っても、採用担当者は能力が高く経験豊富な人ばかりではありません。若者同士で話が合うように新人クラスの人だったり、現場で芽が出なかった人を別の形で活かそうとして担当させたりすることは、多くの会社であることです。

 そういう場合の不足部分をカバーするために、経験豊富な上席者に面接に同席させるなどの対策をして、しっかりと人材の見極めをしようとします。それはごく一般的な方法でしょう。

 ただ、ある会社で行なわれていた採用活動を見ていて、やはり採用担当者は相応のキーマンでなければ務まらないと思うことがありました。

 

 その会社の採用活動はあまりうまく行っておらず、進め方をアドバイスして欲しいとの依頼でした。

 採用担当者は40才くらいの男性社員で、他に受付などを手伝うアシスタントの女性はいるものの、説明会や初回の訪問時から一次面接まで、採用活動の前半部分はすべてこの男性社員が担当しています。

 第一印象では少し思考が独特な人で、良く言えば視点が面白い、悪く言えばちょっと変わり者という人でした。会社も全面的にまかせるのは心配なようで、内定に至るまでの数回の面接は、別の部門長と役員が行うことになっています。自社にそぐわない人材を採用してしまうことは、それである程度防ぐことができるでしょう。

 

 ただ、実際にこの人が活動している様子を見ていると、やはりそれなりのマイナス要素がそこかしこに見受けられます。

 例えば、新卒向けの説明会では、ほとんど会社説明をしないままいきなり質問を募り始め、小一時間をそのまま進めていきます。本人曰く、「説明するより質問に答えてあげた方が理解しやすいから」だそうです。全然ダメではありませんが、参加者は明らかに気持ちが引いていく様子が見えます。

 もしかすると、この段階で本来欲しい人材を「辞退」の形で失っている恐れがあるわけです。

 

 同じようなことは一次面接の中でもあり、例えばどう考えても仕事に関係がなさそうな質問を延々としていたり、非常にピンポイントのどうでも良さそうなことを、「面白い」「個性がある」などと評価していたりします。

 こちらも全然ダメではありませんが、応募者には「何でそんなことを聞くのだろう」という疑問や不満の様子が見られます。やはり同じように欲しい人材を遠ざけている可能性があります。

 これは極端な例だとしても、「採用担当者には向いていない人選」ということは間違いありません。

 

 採用担当者は「会社の顔として見られる」などと言うものの、本当に「向いている」と自信を持って言える人材を配置している会社は、実はそれほど多くはありません。そもそもそういう人材は、なかなかいるものではありません。

 「採用担当はいい人に決まっているので、それ以外の社員をよく見た方が良い」などといわれますが、採用担当者が応募者からの共感を今一つ得られないような人材では、そこまでも到達していないと見られるわけで、そのことは採用活動においては致命的なマイナスです。

 

 やはり、採用担当者は、相応の能力を持つ者が全体に一貫して関わることが必須条件です。

 採用活動は、担当者次第で結果が大きく変わってしまうことをあらためて感じます。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

料金
無料

組織の課題は、当事者しかわからない事とともに、当事者であるために気づきづらい事があります。これまでの組織コンサルティングで、様々な組織課題とその改善プロセスにかかわった経験から、貴社社員へのヒアリング調査によって組織課題を明らかにし、その原因分析や対策をアドバイスします。予算がない、依頼先を見つけられないなど、社外への依頼が難しい中小法人限定です。社員ヒアリングのみで行う簡易診断になります。

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

このコラムに類似したコラム

「優秀な就活生」を見ていて思うこと 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2022/04/07 07:00)