今月の「働く女性のための相談室」はリーダーにならなきゃだめ? - 性格・コミュニケーションの不安 - 専門家プロファイル

メンタルエステ ココロの部屋 
東京都
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

田中 よしこ
田中 よしこ
(心理カウンセラー)
平井 妙子
(メンタルチェンジトレーナー)

閲覧数順 2021年11月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今月の「働く女性のための相談室」はリーダーにならなきゃだめ?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 性格・コミュニケーションの不安

秋晴れのいいお天気が続いていますね

さて、今月の小さな雑誌『PHPスペシャル』、テーマは’心を満たす「ひとり」の時間’。

 

一人暮らしの方は、コロナ禍でひとりの時間を余儀なくされたかもしれませんが、それがどれほどストレスだったかは個人差がとても大きく、同居している人がいる場合は、ひとりの時間を確保することが難しくなって、それがストレスになることもあれば、かえって満たされたケースもあり、本当に人それぞれですね。

 

私は一人暮らしですが、初めは不安で心細かったものの、だんだん落ち着いてきて、もともと外交的ではないので自粛生活もまったく問題なく、感染状況の合間をぬって去年も今年も一人旅を続けています。

 

個人的には、自粛中もオンラインでクライアントの方々とお話しできていたことが、私にとっても救いになっていたように思います。本当にありがたいことです。(まさかIT音痴の私がこんなにZoomを使うようになるとは・・サバイバルのための適応ですね)

 

今回の「働く女性のための相談室」のお悩みは、自分はリーダーよりサポートするほうが好きで、リーダーになりたくないけれどそれはわがままなんじゃないかというものです。

 

新聞などでもときどき、日本女性は実際のリーダーも少なく、なりたいと思っている人も少ないというデータが出ています。

 

そうした記事を読むたび、私は「そりゃそうでしょうねー」と思います。日本のような古い男社会のなかで女性がリーダーをするのは簡単なことじゃありません。はっきり言って、男女問わず相当高い報酬をもらわなければ今の管理職の大変さは報われないと思います。だから、リーダーになりたいと思わない自分を卑下する必要はまったくありません。むしろ健全かもしれません。

 

たとえ高い報酬があったとしても、リーダー向きかサポート向きかなど、人にはそれぞれ適性があり、また、誰もが上を目指して成長しなければならないわけでもありません。仕事に何を求めるかは一人一人が決めればいいこと。まわりと足並みをそろえる必要などないのです。

 

自分の欲求や願望はわがままとは違います。リーダーにならなくても誰かに迷惑をかけるわけじゃなし、まず自分に適性のある仕事、その先は個人の好みでいいのではないでしょうか。大事なのはあなたがハッピーであること。無理せずマイペースでいきましょう

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 心理カウンセラー)
メンタルエステ ココロの部屋 

カウンセリングはココロのエステ

自分を好きになれない、自信がない、思ったことを上手に表現できない、人目が気になって仕方ない、不安やイライラで毎日が楽しくない、甘え下手・・でもどうしていいかわからない、そんな悩める女性たちを心から応援します。ぜひ一度ご相談ください。