色々な人の見解から「自分は何を信じ、何を選択するか」が観えて来る - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

色々な人の見解から「自分は何を信じ、何を選択するか」が観えて来る

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

今回は、先日「「世界同時緊急放送は来ない」という理由が明確に書かれているブログ」の記事の中で登場された「世界同時緊急放送は永遠に来ない」という事を精査されたキャメロンさんという方に、

 

私がツイートで質問をさせて頂いたやり取りから、改めて「私自身の答え」というものを自分で再確認した様な内容になっています。

(^^✿

 

今回の記事から、皆様もそれぞれに「自分は何を信じ、何を選択するか」を考える様なメッセージになれば幸いです。

☆_(_☆_)_☆

 

(※以下、パープルの文字私のツイートです)

 

  

Cameron Phillips
https://twitter.com/Cameron_mk2

「嘘を信じるバカになるな」これに尽きるの~♥

↓       ↓       ↓

https://pic.twitter.com/PvsvN9rXEe

 

これ盲信者の死角にもなってしまっている大事な事ですね。

 

初めまして♪闇子さんをフォローする様になってこちらに辿り着きました。このブログに書かれている内容に付いてキャメロンさんの見解をお聞きしたいです。お時間ある時にお目を通して頂けると幸いです。もし興味無しという事であればスルーOKです。宜しくお願い致します。

 

↓       ↓       ↓

 

ふうこのドイツ de マンガ Kalligrafie
https://ameblo.jp/35itataw/

トランプのワクチンが大規模なリセットを防ぎ、人類を救う方法
https://ameblo.jp/35itataw/entry-12672208102.html

 

信頼に値しない内容です♥推測ばかりで真実に基づく根拠がありません。長文で嘘を何度も刷り込み、思考能力を奪う詐欺師やカルト宗教のやり方に似てますよ。気をつけましょう。

 

早々に返信ありがとうございます。私自身もそう感じました。長文という所は私も引っ掛かる所でした。巷には「トランプ氏美談説」に固執されている方達もとても多いので、この様な冷静な意見も大事だと思います。私も気を付けたいと思います。

 

もう一つ質問させて頂きたいのですが、闇子さんからキャメロンさんはワクチン肯定派だと思うという事を伺ったのですが本当ですか?私はワクチンを肯定する事はワクチンパスポートに繋がってしまうという意味で否定派なのですが、こちらに関してもキャメロンさんの見解をお聞きしてみたいです。

 

中国以外のワクチンなら問題ないでしょ。イスラエル、イギリス、米国を見れば明らか、デメリットよりもメリットのほうが圧倒的に大きい。デマでない客観的データを見て判断すべき。

 

なるほど~。キャメロンさんの見解はそうなのですね~。そこは私と見解が分かれる所かもしれません。今回はお忙しい中、返信して頂いて感謝致します。ありがとうございました。

 

このワクチンに付いてのキャメロンさんの見解は、私とは意見が分かれる所かもしれません。良い悪いという事ではなく、色々な方の見解をお聞きすると、自分の考えがまとまって行く感じがします。

 

 

 

以上がキャメロンさんとのやり取りでしたが、ここから何を拾われるかは、私は読者の皆様のそれぞれの判断に委ねたいと思います。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡

 

ではここからは、最新情報含めたものをお届け致します。

☆_(_☆_)_☆

 

現在ワクチン接種を受けた人数に比例して、インドを取り巻くネパール・スリランカ・モルジブ・ブータンでも感染者が急増しているというニュースがある様です。

 

これは当然「WHOを推し進める為の、ワクチンパスポート(人類完全監視管理コントロールシステム)に向けた動きである」という見方をされる方が殆どだと思います。

 

そんな中、非常に興味深い記事を見付けました。

 

↓       ↓       ↓

 

健康姫
https://princess-health.com/

インドはワクチンどころかそもそもコロナで死んでなかった

https://princess-health.com/20210429-india-corona/

 

 

そしてこの方の記事には、以下の様な情報もありました。

 

↓       ↓       ↓

 

CDCもギブアップ!新型コロナウイルスはコンピュータで作られたウイルスと認める!

https://princess-health.com/20201220-cdc/

 

この記事では「科学的には存在していない新型コロナは、コンピューターから作られた概念である」という事が書かれており、これまでの私の見解と一致する内容が書かれているなぁと思いました。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡

 

 

 

そして現在のビッグニュースと言えば、何と言ってもこれでしょう。

\(◎o◎)/!

 

↓       ↓       ↓

 

ビル・ゲイツ&メリンダ・ゲイツ 27年間の結婚生活に終止符

【CNBC】

《ビルとメリンダ·ゲイツの声明》

「夫婦として共に成長することができなくなりました。私たちの関係に付いて、多くの考えと多くの努力の末、私たちは結婚生活を終わらせる決定を下しました」

https://www.cnbc.com/2021/05/03/bill-gates-and-melinda-gates-are-splitting-up.html

 

 

 

ちなみに私がこのニュースを知って一番注目したのは、ビル・ゲイツ氏がメリンダ氏と設立した「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」に付いて、「信念を共有しており、活動を継続して行く」と語られたという所でして、

 

今回もこの「離婚」という目くらましを使った、彼らお得意の「ガス抜きニュース」かもしれないという事を強く思いました。

 

何故なら、私はいつもこの様な目を持っているからです。

 

↓       ↓       ↓

  

政府はいつも二枚舌・三枚舌だという事を忘れてはならない。微妙にガス抜きパフォーマンスを何度も繰り返しながら、ジワリジワリと実行して行く体質を持っています。

 

 

 

…と、今回もこの様に、色々なニュースや情報に触れた私ですが、

 

やはり今の所の私の見解は、先日の「世界的コロナパンデミックが何故引き起こされたのかが分かる【参考コラム】特集Ⅱ」の中で述べさせて頂いたものと何ら相違はありません。

 

↓       ↓       ↓

 

「コロナプランデミックが何故人為的に引き起こされたのか?」に対する現在の私の見解】 

 

このコロナ禍が人為的に起こされた本当の理由は、地球を支配している存在達によって、今までの世界金融システムを終了させ、「量子金融システム」というものを新たに全世界に向けて切り替える為であり、故に「全世界の経済の動きを最小限に抑える必要がある為」に起こされたという確信。

 

その一方で、5Gと連結しているスーパーシティ(=スマートシティ)やムーンショット計画というものへの実現の為に起こされて来たという見解は、今でも間違いないと感じている事。

 

その為に、その5Gに反応する様にワクチンにマイクロチップを混入し、又遺伝子操作を引き起こすとも言われているワクチン接種の義務化=ワクチンパスポート=人類完全管理監視社会を目的としている事。

 

それを目的として、街中に張り巡らせた「顔認証システム」の為には、人々に距離を取らせる習慣が必要である為、今コロナウィルスという事を理由にした「ソーシャルディスタンス」という名の元に、そうした訓練を全世界の人達がさせられているという事。(※マスクには昔から奴隷という意味があります)

 

その実現の為に、多くの人々が信じている既存のマスメディアを使い、コロナの恐怖を散々煽り続ける事から、概念で作られたコロナというフェイクを人々に本物だと信じ込ませて来た事。

 

及びこうした長期間の自粛生活で、人々を心身共に疲弊させる事により、「このコロナパンデミックを収束させるにはワクチンが必要だ!」と人々に思わせる事が必須であった事。

 

このコロナ禍が始まった当初から、このパンデミックが人為的に起こされた事を見破っている私は、「コロナはワクチン無しで消えて行くだろう」と昨年語られていたトランプ氏の言葉を信じて来たという事が一番大きかったという事。

 

(※参考コラム=「コロナはワクチン無しで消えていくだろう」とトランプ大統領は言っている)

 

それと同時に「ワクチンは強制ではない」としながら「ワクチンは素晴らしいもの」とも語る、二枚舌とも取れるトランプ氏に違和感を感じて来た自分もいるという事。

 

そして実際に世界中でワクチン接種がすでに始まってしまったという現実があり、故に今は「トランプ氏の美談説」というものは、自分の中で保留状態となっているという事。

 

トランプ信奉者の方達には、彼の発信するものは「全て暗号で戦略」という様に捉えておられる様ですが、それが本当に事実かどうかは、実は誰にも分からないと感じている事。

 

「もうすぐデクラス(世界同時緊急放送含む情報開示)が行われる」という事が、昨年から日付まで出されたものが頻繁に流布されて来ましたが、その様な予告は今まで一度も当たった事がなく、故に「コロナを長引かせる為の時間稼ぎとガス抜きではなかったのか?」という不信感。

 

こういった私の見解を、盲信組の方達の中には「マイナス思考」とか「信じる心が足りない」と捉える方もいらっしゃる様ですが、私は元々冷静に"常に中立的観点を失わない"というのがポリシーだという事。

 

でもそうありながらも、一人の人間としては「まだトランプ氏の美談説の方を信じたい派」でもあるというのが正直な気持ちです。

 

でも現在の実際とてもシビアな世界&日本の状況というものから鑑みた時、そういうものに確信が持てないと感じ始めている人達も多いという事実。

 

又、この5月に「何か起こる」と噂されている事が、本当に起こされるのかどうか。起こされたとしても、そういう私達の不信感を払拭してくれるものになるのか、全然違う形のものなのかどうかという事。

 

もしトランプ美談説が本物なら、私は心から喜べると思う一方、

 

そうした場合でも、又そうでない場合でも、何かに盲信するという事をせず、有頂天にならず、又は失望せず、絶望せず、「その先に何があるのか?」「ではこれからどうして行けば良いか」という未来に向けた視野を持ち、常に"今"をクールに観て行く必要があるという事。

 

 

 

そして今回改めて自分の中で、今現在持っている見解というのは、以下のコラムで書かせて頂いたものに集約されていると自分で再確認出来たという事でしょうか。

 

↓       ↓       ↓

 

本当の社会改革は政府でもQでもトランプ氏でも緊急放送でもなく、私達一人一人の意識に託されている 

この改革は、忙しい日常を送る方達や生活が困窮されている方含め、誰でも無料で参加出来る改革です 

 

 

尚、私がこの様な見解に至った主な理由は、以下のコラムからご覧下さい。

 

↓       ↓       ↓

 

ワクチンを打つ事で本当のパンデミックを引き起こし実現出来る「ワクチンパスポート計画」の可能性

今の私の見解「全てはワクチンパスポートに向けて作られているシナリオ」

トランプ氏のワクチン推奨が「世界的な利権ビジネス」と「ワクチンパスポート」に繋がる危険性 

トランプ氏のワクチン推奨理由がどうであれ、DSの最終目的はワクチンパスポートというのが事実です

「ワクチンによる管理社会」という病的な世界に住みたいですか?

 

 

 

一部の方達が「その内トランプ氏が何とかしてくれる!」とタカを括っている間にも、

 

実際は「全世界ワクチンパスポート施行」へ向けられているとしか思えない動きが、全世界に現実的にあるという事実は変わらないのです。

 

つまり、世界各国政府がのタッグを組んでいるとしか思えない「コロナ禍を一向に収束させない様にしている動き」は明らかであり、

 

今現在もこうして「世界中でワクチン接種がどんどん進められている」という現実を、「あなたは冷静にどう見ますか?」という事を、やはり今回も私は投げ掛けたいと思います。

 

そして、一部の方達が盲信されておられる「世界緊急放送含むデクラス(=真実の情報開示)」というものが、例え行われるのだとしても、私は決して油断をせずに、最後まで「何かを妄信する」という事には注意が必要だと思っている一人です。

 

何故なら、それは人類の歴史が始まってから今まで、地球の支配者及びカバール政府の「国民を欺く時に使う姑息さと汚さ」というものが常にあったからです。

 

そういう知恵を持つ事の大事さを、彼らは人類に教訓として与えてくれて来たからです。

"(-""-)"

 

GESARA/NESARAとベーシックインカムをわざと混同させている人達

この世は表裏一体。だから私は真反対の見方もちゃんと取り入れて俯瞰して行く 

どの様なものでも狂信的になれば、それはカルトや魔女狩りへと変貌して行く 

 

 

  

 

宜しかったら、こちらも是非ご覧下さい。

  ↓      ↓       ↓

世界的コロナパンデミックが何故引き起こされたのかが分かる【参考コラム】特集Ⅰ

 

世界的コロナパンデミックが何故引き起こされたのかが分かる【参考コラム】特集Ⅱ

 

 

最近noteさんにも記事を書く様になりました♡

(※こちらにしか書かないショートメッセージをいつも添えています♪)

 

lilac(ライラック)

https://note.com/e_brand

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年