ジュディ・ノートはCIA(カバール)から流布されている可能性が濃厚です - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ジュディ・ノートはCIA(カバール)から流布されている可能性が濃厚です

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

今回のこのコロナパンデミックは、今までの社会システムを終わらせ、新しいシステムに入れ替えさせる為の「捏造茶番劇」というプランデミックであり、

 

そしてカバールの悪意的思惑から作られたワクチンの危険性に関しても、真実であるというのは間違いはありませんが、

 

最近私はTwitterやYouTube動画、そして色々な所から目に入って来る多くのブログ情報などを見ていて感じる事は、その殆どが大衆をぬか喜びさせる様な偽情報に溢れている事、

 

そしてその情報を鵜呑みにしている方達による拡散、或いは「組織で作為的に拡散している」と感じられる情報が殆どだという事でしょうか。

 

なので以前とは違い、私はその情報と共に添付されている画像や動画に付いても、まず「これはコラ画像・動画なのではないか」、又「過去の画像や動画を用いる事で、イメージを演出する偽情報ではないか」という事を常に頭に置いて情報をチェックする様になりました。

(^^;

 

特に私達をぬか喜びさせる様な情報は、まず「疑う」という所から入った方が賢明だという事ですね。(※それだけ人間の強欲と打算から来る嘘が多い嫌な世の中だという事で、本当に悲しくなりますが…)

"(-""-)"

 

 

 

…という事で、今回もそうした話題含めたツイート・アラカルトをお届け致します。

☆_(_☆_)_☆

 

(※以下、パープルの文字私のツイートになります)

 

尚、文中出て来るエハ二とは、はるのさんが「アイヌリンダレ」というYouTube動画を観て「lilac(ライラック=私のアメブロのペンネーム)さんがこういう存在に思える♪」という事で付けて下さったニックネームで、

 

エハ二2号=エハ二Ⅱは、私が「そう言うはるのさんも、もしかしたらエハ二ちゃんじゃあ~りませんか?」という事から付いた、はるのさんのニックネームでございます。

 

 

 

これ、加工ではないでしょうか?(※とても気持ちの悪い画像なので閲覧注意!!)


↓       ↓       ↓

https://twitter.com/mickitiki/status/1372594573604745219/photo/1

 

Yumi. A
https://twitter.com/YumiAdachi9

同意します!!いくらなんでも、加工の様な気がします。

 

あまりに不自然ですよね~。こういうものを見破れる様になる知性は、この偽情報が溢れる中でとても大事になると思います。自分の願望というフィルターを掛けて判断しない様にしたいものです。

 

LINE随分騒がれていますが、今後どうなるのか気になる。ちなみに私はアーティストの動画を観る為だけにパソコンから登録だけしましたが、視聴したのは2回ほど。今は全然利用していないので全く問題ありませんが。

 

最近ダイアナ妃がイギリスの新しい女王になるという情報が急に流布される様になりましたが、昨年「本当の血筋の王位継承者」と言われた男性の方は何処へ?



yoshiko@予言波動秘密農業大仏、実は箱根応長地蔵
https://twitter.com/lovely_amsel

私もそう思っているのですが、本物だとしても部外者扱いならメチャクチャ~

 

彼をフォローしていたという方が「彼が(Twitterから?)いなくなった」と呟いておられたのを何処かで見ましたが、何だか変な感じですよね~。

 

庶民的すぎるかんじでしたから、やはり。

 

私は当時彼が話題になった時に、動画でちょちょっと数回拝見したくらいでしたが。この所、急に「トランプ氏の本当の妻はダイアナさん&メラニア夫人は実はトランプ氏の最後のガールフレンド説」が急浮上したのは、一体誰がどの様な目的を持って流布しているのか?と感じています。

 

 

はるの
https://twitter.com/ct7m4Z7nsa0jOpX

ジュディに登場するウォード氏の情報にWHのパラディンさんはホーピアムだと警鐘を鳴らしてました。謎の新国王のドキュメントで知名度を得て、彼から発信されるqfs(※量子金融システム)が、sns上で何故か主流になってる。叩けば埃の出るウォード氏なのに、疑問視せず情報を持ち上げてるのは意図的ですね。

 

qfsはパラディンさんが係り、リリースしたと昨年聞きましたが、その人を差し置いてウォード氏のもとで情報が拡散されてるのが信用できない。ジュディを翻訳してるかんろさんは笹原氏同様支配者側と私は思っていますが、この方通してのqfs情報をうのみにされる方が非常に多いです。

 

何だか組織的に流布している感じがしますね。

 

正義を利用するカバルですね。ダイアナさんのリアル写真が拡散されてましたが、アプリ加工されたものだったそうです。こういった根拠のないツイートを検証もせず拡散するブロガーは恰好の餌食ですし、信用を重視する現実との乖離がますます広がります。

 

 

彼らは完全に意図的ですよね。ぬか喜びさせる事で大衆の目を大事な事から背けさせている。組織的確信犯だと思います。

 

確信犯ですね。読売新聞の3面にQやトランプ゚氏にまつわる陰謀論により、生活が壊れた人達の体験談が何週にも渡り特集記事になってます。メンタル専門家まで登場し、世の中から孤立した精神に問題ある人たちとして扱われつつある。世の中に証明されなければ何の価値もない。

 

私もジュディ・ノートはCIA(カバール)側だと聞いています。それを信じて発信している人達は知ってか知らずかという事がありますよね。

 

 

ピロン
https://twitter.com/happynyankoac1

あっちがわが多いからにゃ。ほーんと裏でお手手繋いで???記事流しまくりみたい。いくら何でも多すぎで、最近はあーそうにゃんだ!って一瞬うのみしそうになっても気を付けられるようになりました(笑)これもハムハムさん(※これは私のTwitterのアイコン写真がハムスターという事から)やいいご縁の方達のおかげさまです^_^感謝

 

はるのしゃんの鋭い感性から来る視点にも凄いものがあるにゃ!☆彡それはエハ二Ⅱちゃんだからにゃ!♡

 

エハ二っち、ありがとー♡真実を知りたいと思ってる多くの人達が、私たちと同じ感性できっと共鳴してるよね♡納得できる答えを求めてエハ二blogに皆集まってくる。沈黙を破ってもっと声をあげて欲しいなと思います。

 

本当ね。声を上げるのは偽情報を流布する人達ばかりでアンバランスだもの。彼らは組織力があるから信者や応援者も数を捏造出来るし、アカウント偽って別名で複数投稿も出来るし、お互い仲間内で擁護し合ってるし。日本人はサイレントクレーマーと言われるけれど、声を上げないといけない時もあると思う。

 

そう思います。税金などの国民負担率が50パーセント近くになり、過去最高とのことです。国民が声を上げないのをいい事に組織を使ってやりたい放題ですね。五公五民を超えると一揆が増えたと以前聞きましたが、使えるお金がじわじわ減ってるので国民感情がいつ爆発してもおかしくないとは思います。

 

 

 

 

 

これはコラではなく(笑)、昨日お散歩に行った時に偶然撮れた、神々しい鴨さんの写真です♡(※勿論無修正)

(^^✿

 

 

 

巷に溢れる派手にセンセーショナルにぬか喜びさせる情報の殆どは、CIA(カバール)が真実の情報を埋もれさせる為に、大量に流布する攪乱目的の為の偽情報の様ですね。

 

そして我欲からそこに乗っかる事で、ビッグビジネス狙いの本を出版したり、人気者狙いの承認欲の激しいユーチュ―バーが多発しているのだと思います。

 

そしてこれは私の思う事ですが…。

 

多くの宗教団体やフリーメイソンという様な組織は、信者やメンバーになって自分が得たコアな情報を、お互いビジネスとして役立てて良い=そこで得た収入を自分が帰属する団体にお布施や寄付という形で還元するという様なシステムが、仲間内で有る様に思います。

 

でも私が思うに、本当の真実というものは奥まった数少ない上位の者しか分からない様にされているはずですので、低下層のメンバーはそうとは知らずに、上の者から真実を隠蔽する攪乱目的で伝えられた情報を「真実」と信じ込まされている可能性も充分ある様に思います。

 

ですので何も知らない彼らは、「上から許可を得て伝えた情報を拡散する事が世の中の為」と教育されている可能性もありますし、又はそういう事を知らずに、組織に"体の良い駒"として利用されて情報を流布している可能性も私は感じているのです。

(◎_◎;)

 

 

 

 

宜しかったら、こちらも是非ご覧下さい。

  ↓      ↓       ↓

世界的コロナパンデミックが何故引き起こされたのかが分かる【参考コラム】特集

 

 

最近noteさんにも記事を書く様になりました♡

(※こちらにしか書かないショートメッセージをいつも添えています♪)

 

lilac(ライラック)

https://note.com/e_brand

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年