目覚めた者が待ち侘びる「世界同時緊急放送」に付いての最新情報 - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

目覚めた者が待ち侘びる「世界同時緊急放送」に付いての最新情報

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

アメリカでは緊急放送のテストが昨日実施されたという情報があり、日本では本日の午後2時以降に実施予定という情報がありますが、果たしてどうなるでしょうか?

(・。・;

 

アメリカの大統領就任式が行われるとされる20日までは、「世界同時緊急放送」は行われないと伝えられていますので、今回のアメリカに於ける緊急放送は「アメリカ国内でアメリカ国民に向けたもの」が放送されると言われていますし、

 

世界緊急放送が行われる時は、世界同時に一斉に行われると言われていますので、今回すぐに「この世の真実が明かされる緊急放送」が世界中に流れるという事ではないと私は思います。

 

ちなみに「日本は世界から少し遅れる」という情報もありますが、世界同時緊急放送システムが発動される時は、その名の通り「世界同時に一斉に」でないと意味を成さないと私は感じますし、効果も半減すると思っています。

 

何故なら同時でなければ、そこら中に又フェイクニュースが蔓延するでしょうし、その分説得力も半減してしまうと感じるからです。

"(-""-)"

 

とにかく「今まで隠されて来た真実を暴く世界同時緊急放送」は、国や国籍を超えた「全人類に向けた世界同時緊急放送」でなくてはならないと私は思っているのです。

( ・・) ~ ☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

 

 

 

所で、アメリカではバイデン氏が大統領に選ばれたという事で、もうすでに犯罪者として処刑されたとされる俳優のトム・ハンクスがテレビの司会をするとか言われておりますが、果たしてどうでしょうか?

 

もしこういう映像が出て来る場合、処刑される前に前撮りしておいた映像を使うという手法は、カバールの常套手段でもありますし、又ゴムマスクで変装したり、クローン人間を使った茶番劇も、ずっと以前から世界中で平然と行われて来たという事を考えれば、

 

追々こういう真実も、私達に全部情報開示されて行くのでありましょう。

 

その他、昔から各国政府に協力して来たエイリアン達の情報も開示されると言われていますし、だから「事実を知った時は、世界中の人達が驚いて、口があんぐりしちゃう」と言われているのだと思います。(笑)

(^^✿

 

ちなみにこういう話を聞いて、「この人何言ってんの!?」という人こそ時代錯誤であるという事も、緊急放送をご覧になれば、如何に自分達が勉強不足で洗脳されて来たのかという事を、自らご理解頂けるものと私は思っているのでございます。

(^^ゞ

 

…という事で今回は、その様な情報を実に分かり易くまとめて下さっている、ドイツ在住のふうこさんのブログ記事をどうぞご覧下さいませ~♫

☆_(_☆_)_☆

 

     ↓       ↓       ↓

 

ふうこのドイツ de マンガ Kalligrafie

https://ameblo.jp/35itataw/

 

沼はカラッポに ワニは逮捕されました!  ケネディ-Jrの手紙

就任式はどうなるんでしょう?

花子のニュース(44):グローバル緊急放送システムから数インチ離れているだけ

2021年1月14日–驚くべき理論:FEMAと米軍は最後の1時間でアメリカを救う マイクアダムス

 

 

 

 

 

私の様に"すでにこの世の真実に気付いている人間"に取っては、この「世界緊急放送システム」という全人類へのワクチンを楽しみに待ち侘びている状態だと思いますが、

 

平和ボケして深く眠りこけ、真実を語る者達を「頭のイカれた陰謀論者」として内心で嘲笑するだけで、自分が今まで選択してきた知識こそ正しいと思い込み、

 

多くの情報があるにも関わらず、自らそういう情報には心を閉ざし、自分から何も真実を調べもしようとしなかった"未だに真実に辿り着いていない多くの日本人の方々"含め、

 

緊急放送を観た後に、果たして世界中の人々はどの様な反応を示すのでしょうか?

(・。・;

 

 

 

それでは今回も、何となく恒例となって来た私のツイート特集をお届け致します♡

(^^✿

 

 

誰も完璧なんて求めていないのに、すぐ人に対して「完璧主義」というレッテルを貼る方が多いのは何故でしょう?それは自分のコンプレックスを刺激される事から来る被害妄想思考です。

 

本当に理解している人はそういう受け取り方をしない。自分でも他人でも「良いものは良い」「素敵なものは素敵」と認める心を持っているからです。

 

私は完璧ではなく「自分の為にベストを尽くす」という事だけを心掛けて人生を生きています。何故ってそれが気持ちが良いから。ただそれだけ。

 

そうして生きていたら、いつの間にか沢山の才能を授かっていたという人生です。そしてこれは全ての人にも当てはまる法則です。

 

私はいつもメッセージを発信している人の波動を感じ取る方がとても大事だと思っています。どんなに立派な事を言っていても、その発信者の方の波動が暗ければ、何かが違うと感じます。

 

もしそういう重たい波動から来る違和感を感じるなら、そこから離れる事が正解です。

 

そういう波動を持った方が真に幸せであるはずがないからです。そういう方は「言葉」というものを操る事にはとても長けていますが、本当は幸せでは無い者が他者に幸せをシェアする事は出来ません。

 

自分が思う自分と、他者が自分に対して感じている事のズレが大きい方がいらっしゃいますよね。それは「クールな観察者」と「自分を美化するナルシスト」の違いから生まれるギャップではないかと私は感じております。

 

自分が自分を評価するだけでは、宇宙的には片手落ちだという事に気付いていない方が沢山いる。何故なら他者も自分自身なのだから。

 

各自の口から出る言葉には、他人のみならず「自分自身を自分がどう扱っているか?」という事が現れます。

 

本物の方というのは初対面の方とか見知らぬ通りすがりの人からも、何故か敬意を表されたりという体験をする方々でもあると思います。そうした不思議な現象は、守護霊同士のコミュニケーションと言われています。

 

人のアイディアを盗んで「自分で考えている事」として発信する人に私達が感動出来ないのは、自ら生み出す事から生まれる高い波動というものが、その人の伝えるものには感じられないから。

 

人から盗んだアイディアを我がもの顔で語るエエカッコしいの人間からは、その厚顔無恥から来る軽薄さというものから生まれる波動しか伝わらない。何故ならそこに最初にアイディアを生み出した人へのリスペクトが欠落しているから。

 

宇宙とは面白いもので「リスペクト不在で人のアイディアを盗む」という一見"目の見えないもの"であっても、違う形でその人に返されたりする所です。

 

例えばお金や物を盗まれたりとか、詐欺に合って何かを騙し取られるという様な形を取る事もあります。勿論同じ形で返されるケースもあります。

 

反対にリスペクトを持っている方達には、最初にアイディアを生み出した方とのエネルギーの共振が生まれるので、エネルギーが拡大して行くという事が起こったりします。この宇宙は全てが繋がっているので、感謝というものが根底に存在する時は、宇宙の意識と繋がる事になるからです。

 

ご自分が深く洗脳されている事に全く気付けず、日本のマスメディアの垂れ流す捏造報道を信じ切り、未だにトランプ大統領に対して悪い印象しか持たれていない頑固な方達が多く見受けられますが、その内そのご自分の感覚の鈍さと愚かさに、ご自分でお気付きになる時が来る事でしょう。

 

この様な方達にも、宇宙からのご加護があります様に。

 

今月に入って、昨年より時間がゆったりと過ぎる様に感じているのは私だけなのでしょうか?アメリカ大統領就任式が行われる=バイデン氏逮捕とされる20日までの時間がとっても長~く感じるのですが…。

 

(暴力を振るわれたというユーチュ―バーの方を)訴えるには、弁護士費用含めてまとまったお金が必要になりますよね?負けたら相手の分も負担しなければならないですし、貴女に取ってのネックはそこではないですか?同じ思いを持った方達に相談して、金銭的な協力をお願いするという方法も一つかなと私は思います。

 

傍から第三者が「訴えろ」というのは簡単ですが、当事者になると現実的に金銭的にも時間的にも精神的にも非常にエネルギーを使う覚悟が要ります。

 

SNSに参加する様になって感じるのは、こうしたものもやはり人間社会の縮図だなぁと実感する事でしょうか。私も色々な意味で凄く勉強になっています。

 

でも凄く優しい人や温かい方達も多いというのが私の印象です。

 

 

 

 

宜しかったら、こちらも是非ご覧下さい。

  ↓      ↓       ↓

世界的コロナパンデミックが何故引き起こされたのかが分かる【参考コラム】特集

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年