正しい食べ方ってあるの? 57歳のつぶやきはこれ! - 社内教育・自己啓発 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

松山 淳
松山 淳
(経営コンサルタント)
松山 淳
松山 淳
(経営コンサルタント)
松山 淳
松山 淳
(経営コンサルタント)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2020年08月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

正しい食べ方ってあるの? 57歳のつぶやきはこれ!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 社内教育・自己啓発
プロとして生きる! キャリアを磨こう
先日のこと。 歴の長いベテランご夫婦が、今でも、意見が合わないんだよね~っとおっしゃる話しを伺って。 勝手に名付けた、 「料亭食い」と「定食食い」。 料亭は、一品ひとしな、その時、一番おいしくいただけるよう配膳されるでしょ?で、男性(夫)は、この食べ方。 一方定食屋さんは、様々なおがずを、一度に運んでくださるでしょ? で、女性(妻)は、この食べ方をして、いろんなものを同時に味わうほうがおいしいよって、夫を誘うらしいのです。 そして、わたしは、食べ方って、提供の仕方によって、変わっていくものじゃないのかな?って思うんです。 何も、料亭ばっかりで食事をするからというわけではなく、 家庭でも、同時進行して作っていても、最後、盛り付ける時とか、運ぶタイミングによって、お惣菜とお惣菜の配膳の間隔が空いたりするでしょ? あえて、間隔をとったりもする。 そういう生活の習慣が、食べ方の違いを生むように思うんです。 どちらの食べ方が正しいか?というより、自分の食べ方に合わせてよ!という気持ちが、強くなっちゃうんじゃないかなぁ? 自分と同じ習慣を持っていてくれた方が、居心地が良いから。 何十年たっても、同じリズムで生活しているように見えて、 夫婦って、馴染まないものなんだなぁ~~って思います。 そして、こういう違和感が、亀裂を生んじゃうんだろうな! 最後に、ご紹介したいのは、このご夫婦の、人生の楽しみ方は、 「感謝して、いつもニコニコ、従わず」。 相手に感謝をして(わたしに美味しく食べてほしいんだなぁと、相手の心の中を想像して受け入れる) いつもニコニコしてるけど、(ありがとうと言う言葉は、言う自分の心を落ち着かせ、相手の笑顔を引き出せる) 従わない!(いつものことと、やり過ごす) で、やがて50年を迎える。 コロナ禍の中で、離婚や別居も増えていますが、ただ単に、我慢したりあきらめたりせず、 やり過ごす したたかさをもって生きることって、大切だなぁって思いました。 さて、8月。暑さ(熱中症)との戦いもある。COVID-19との戦いもある。何より、自分との戦いを制して、楽しみましょうね!!    世界でいちばん美しい言葉

「ありがとう」と共に、今日もお元気にお過ごしくださいね。

 

 

誰かの心配に、「大丈夫」と答えることが多くなったとき。

悩みを前に、元気がでない・・・

そんな女性の電話でカウンセリングを始めました。

匿名だからこそ、何でも言える。

↓↓から ご予約お待ちしております。

 

********************************************************

コーチを育てられるプロフェッショナルキャリア・コーチ

コーチングをキャリア発達と結びつける 

人材育成の現場にコーチングの導入を定着させる

あなたの人生も。土壇場からの大逆転!あなたらしく彩りましょう

 

認定マスター キャリア・コーチ

株式会社オフィス・ウィズ

WEBサイトはこちらから http://www.office-with.com/

ブログはこちら 

http://ameblo.jp/aichi-officewith/?frm_id=v.mypage-ameblo--myblog--blog

*************************************************************

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム