79歳の父が、顎が外れたのを気づかずに嚥下障害からの軽めの誤嚥性肺炎になって入院に?! - スキンケア - 専門家プロファイル

プチ整形に頼らない美容法「美エイジレス塾」主宰
東京都
顔筋NANAマジックメソッド創始者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イメージコンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

79歳の父が、顎が外れたのを気づかずに嚥下障害からの軽めの誤嚥性肺炎になって入院に?!

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア
エイジレス美人の作り方 アンチエイジング美容
昨年の11月末は旅行先で母とカラオケを歌っていた父。母と二人暮らしをしている今年7月で80歳になる私の父が先日、軽めの誤嚥性肺炎で入院しました。熱もなし、咳もなし、呼吸困難もなしで具合悪そうでもなく見た目は元気なのですがとんでもないことが!↓↓↓父は痩せて入れ歯もまた合わなくなったりで母が作る柔らかめのご飯を普段食べていますが、先々週末、突然にご飯やお水もまったく飲み込めなくなり、胃液のような痰のような透明の液体がたくさん食道にたまってるみたいで何度もそれを吐きだしてしまい、全くご飯が食べられないお水も胃に入らないで鼻から出る、との事で母から電話があったのです。コロナ外出自粛で万が一私がコロナを運んでしまっては大変と思い私も実家には帰っておらずいつも食料を送ったり電話で父母と時々話すくらいでしたが旅行の自粛規制も解かれそろそろまた山とかにドライブに連れていってあげようかなと考えていた矢先でした。母からの電話で話を聞きながら心配で私もずっと父にヒーリングを送っておりました。ご飯を食べられない、水も喉を通っていかない、痰や胃液みたいなのが食道に溜まっていてつまってるみたいでたくさん透明の液をたくさん吐く、、でも見た目は元気でいつもと変わらない、土日だったので病院も休みだし熱や咳や呼吸困難もなく食べにくい以外はいつも通りに生活してるしもう少し様子を見ようかと母が言っていてでも、次の日カボチャを1切れ食べられたのよ、水もコップ一杯ようやく飲めたの、少しよくなったみたい、と電話で言っておりましたが、胃液や唾液や痰など?が食道に溜まっていてご飯もなかなか通過しないところに、無理にカボチャとかお水を飲ませたりしたらこれって、誤嚥性肺炎になったら老人はほんとうに命取りなので無理に食べさせずに病院に連れて行った方がいいと伝えて実家に車で迎えに行きました。私も久しぶりに父母に会いましたが父は週二回のデイサービスもコロナ外出自粛でずっと休んでいたので少し認知機能も衰えてる感じに見えました。なんか、入れ歯がパコパコ外れて、はまらずろれつが回らないというか、言葉がよくわからなくて何を話してるのか全然聞き取れなくて。。その前の週の電話では、父の言葉を聞き取れていたし話もしていたのですが、母いわく、ご飯を食べられなくなり、透明の胃液みたいなのをたくさん吐くようになってから急に話し方もなんかおかしいし、入れ歯をしても言葉がまったく聞き取れないとのこと。なぜだろう、と心配に思いながら病院に連れていきましたが熱や咳や呼吸困難などは全くなく肺のレントゲンや検査からもコロナではないとのことで安心しました。で、やはり、、嚥下障害からの誤嚥性肺炎だと言われたのですよね。老人によくあるご飯やお水など飲み込みにくくなる嚥下障害。老化でそうなる場合もあるので嚥下障害をよくするリハビリみたいなものが必要なのかな、、と思っていたところ、その翌日、父の顔や、入れ歯のかみ合わせを見ていた内科の先生に「もしかしたら顎が外れてるかもしれませんよ?」と言われて、びっくり!あご?!そういえば若干ですが父の顔が長く見えて頬がいつもよりこけて見えるいるというか、、父は歳で栄養が行き届かず前からかなりガリガリに痩せてはいますが顔の形がいつもと少しおかしいな、とは思っていたのですよね。さらに痩せたせいなのかな?いつもと人相がなんか変だな、、と。それが顎が外れてる疑惑とは!?だから嚥下障害になって飲み込めなくて唾液が溜まり、誤嚥するのかも、とのこと!そして先生方に顎を見てもらってもしも外れてるようなら調整をしてもらうことになり、翌日にお見舞いに行ったらすでに顎関節の調整が終わっていたようで顔が少し短く戻っていました!入れ歯も落ちることなくはまってて言葉もきちんと聞き取れるよう話せていました。会話がちゃんとできるー!ホッまぁ、外出自粛で父はこの3〜4ヶ月間、安全のために外出も一切せずだったので太腿のお肉は劇的に細くなり認知症も少し進んでいましたが、、誤嚥性肺炎も、軽いみたいで元気は元気なので一安心しました。続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 顔筋NANAマジックメソッド創始者)
プチ整形に頼らない美容法「美エイジレス塾」主宰

53歳・4人の子の母の美容整形に頼らない若返りメソッド

39歳の時に「美容整形手術でないと治らない」を言われるほどのたるんだ顔を、自分で開発した「若返り整形メソッド」(顔のマッサージ法)で劇的に顔年齢を若返らせることに大成功。多くの女性を変えた特殊な顔筋NANAマジックメソッドをご伝授します。

カテゴリ 「エイジレス美人の作り方」のコラム