このコロナウィルス騒動の分析は、私が感じていたものと同じで一番しっくり来ます - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

このコロナウィルス騒動の分析は、私が感じていたものと同じで一番しっくり来ます

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

今回のコロナ騒動の不自然さ。

 

確実に何かを隠して真実を伝えていないと感じる違和感満載のマスコミ・メディアの報道には、私㋱は本当にフラストレーションが溜まります。

"(-""-)"

 

私と同じく、この世界規模のパンデミック劇の違和感に気付いておられる繊細で敏感な感性を持たれた方達は、きっと他にも沢山おられると思いますが、

 

今回私がお届けするものは、「正に私が想像していたものとドンピシャリ!」という感じの、今までのコロナ狂想曲で感じて来た違和感から来るモヤモヤを、スッキリさせてくれる様な解説なのでございます。

\(◎o◎)/~☆彡

 

 

 

今回は、まずそのコロナウィルスに関した箇所を抜粋してお届け致しますが、原文が英語という事で、和訳されたものの表現に少し外国語っぽさが残り、日本語的には少々チグハグ感もありますが、

 

想像力のある方なら「何を云わんとしているのか?」という事を理解するのは非常に容易だと私は思いますので、原文をそのまま転載させて頂きます。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

コロナ犯罪危機の更新 

 

3人の愛国者が10人の非常に裕福でインテリジェントで強力な億万長者の密のグループを形成しました

 

彼らはファシストの力によって外国の体制にアメリカを失うことを心配していました。それが彼らがアメリカの旗と憲法に忠実な秘密の同盟を結んだ理由です。彼らは全員、ディープステートのメンバーと個人的に知り合い、彼らの計画について直接知識を得ました。

 

彼らはCウイルスの製造元を知り、それを信じられないほど弱くするように密かに変更しました!その後、彼らは自然に、そして有機的に発生するであろう同じ「軍事スタイルの予防策」のすべてを通過し、新しい状況を一つ一つ注意深く調べていった。

 

何百万人もの人々が実際に死ぬ代わりに、彼らはウイルスの「覆い」を使って、世界中のすべてのルシフェリアと悪魔の指導者を逮捕することにしました。ディープステートの工作員が今なお考え、信じているという利点により、彼らはこの危機を管理しています。

 

誰もが家で検疫され、移動できないこの期間は、世界中の何千ものDS子犬を逮捕するために使用されます。

 

おそらくすべてを逮捕できるわけではありませんが、おそらくこれらの犯罪者の最も裕福で最も強力な160,000人全員を捕らえることができ、リーダーや組織化された組織のない低レベルの悪魔主義者の多くがDSオペレーターとしてもはや有効ではなくなります。

 

実験室で設計された「新規コロナウイルス」のパンデミックは、もともとは2007年に特許を取得したディープステートの発明であり、世界人口の大多を殺すための必須のワクチン接種計画カバーストーリーです。それはデジタル証明書の発行から始まります





 

コロナウイルスの検査を受けた人に。この邪悪なアイデアは、トランプチームによって、世界でこれまでに見られなかった最大の秘密諜報活動で巧妙に変換されました。

 

ロスチャイルドやロックフェラーの犯罪者とともに、世界のエリートやジョージソロスなどの銀行家、国連当局者など、有力な犯罪者や腐敗した政治家、有名人、CEOを逮捕して連れ去った160,000人を超える逮捕に従って行動する。

 

アライアンスがGESARAの議題を個別に実施する機会を創出し、世界的なリセットにより、既存の金融システムからQFSへの移行を開始し、中央銀行経済から人民経済への転換を行います。

 

要するに; C-ウイルスの発生は、アジェンダ2030よると、世界人口を減らすためのディープステートカバル主導の作戦です。

 

しかし、トランプ大統領と愛国者たちは、実際にはその最初から、この邪悪な作戦についてずっと前から知っていて、GESARAを実施する機会に変え、中央銀行システムを終わらせました。Deep Stateが最も賞賛されている強力なツールを取り除くことを保証します。

 

通貨の償還と新しい金融システム– QFS、すぐに発生する可能性があります。続いて起こったいわゆるパンデミックは、もともとは中国への生物戦争と電磁気戦争の報復攻撃を組み合わせたものでした。

 

武漢でこの攻撃は一見大規模な死傷者を出しましたが、中国人を脅迫したりお辞儀したりすることはできませんでした。

 

彼らがCovid-19を持っていると言われていることを発表するために出てくる有名人と最初の女性の長いリストは、カバーに過ぎません。

 

実際にはあまりにも多く、それは彼らが地下鉄に頻繁に出たり、洗われていないと嘆かわしいと混じることは決してないことを考えると、それは絶対に滑稽です。リストには157人以上が含まれており、診断された非有名人の真の統計では計算できません。

 

情報筋によると、実際に起こっているのは、現在特殊部隊によって体系的に狩られている古代の悪魔のような血統支配家族に対する世界的な奴隷反乱である。その結果、ロスチャイルドとロックフェラーを含む古代の血統の家族は、彼らの降伏を交渉しようとしています。

 

イタリアがロックダウンモードにある間、イタリアは明らかに米軍の保護下にあり、その陸軍長官はコロナウイルス感染症に屈しており、バチカンは同性愛者、悪魔主義者、および小児性愛者から清められています。

 

80以上のバチカン市国と金融当局が金融犯罪、小児性愛、子どもの人身売買、および性的虐待の罪で起訴されたため、イタリアの空港は閉鎖されました。

 

他の一部の宗教指導者は逮捕されるか、辞任を余儀なくされ、一部は突然「病気」になります。教皇は2020年に解任されます。アラブ首長国連邦は彼ら自身の王室とその関連会社の大量逮捕を完了しました。

 

現在ヨーロッパには、すでに存在する32万人の兵士に加えて37.000人の米軍がいます。これらは、スイス、ブリュッセル、アントワープ、ベルリン、パリ、アムステルダム、ロンドンでディープステートの資産の逮捕に従事していると理解されています。金以来。3月6日、グローバルエリートによる2.200人以上の逮捕がありました。

 

有罪判決を受けたハリウッド強姦犯ハービーウェインスタインは、イギリスのアンドリュー王子、ビルクリントン元大統領、オバマ元大統領、ジョーバイデン元大統領、ヒラリークリントンなど、最大かつ最も強力な有名人の証言と引き換えに、麻薬事業、小児性愛、および子どもの人身売買への関与。

 

それでもジェフリー・エプスタインは証言と引き換えに刑務所で偽の自殺を受け取った。ブッシュ元大統領とマケイン上院議員の場合と同様に。

 

世界の主要企業の多くのCEOが起訴または逮捕されており、過去2か月間に辞任を余儀なくされた者もいます。

 


その後、3月22日、EU首相のアンゲラ・メルケルがコロナウイルスによって検疫された、つまり逮捕されたことが判明しました。(※彼女は本当は独裁者ヒトラーの娘ではないかとも言われていますけれど、もしそうだとしたら、それは彼らのやりそうな事だし、充分有り得るお話しだと私は感じます)

 

その間、他のインテルのレポートが示しています。元の「大量逮捕計画」はもはや有効ではないこと。逮捕はまだあちこちで発生する可能性がありますが、表示のためだけに作られています。

 

彼らは過去に考えを変えるのに十分な時間を持っていたが、今回は彼らの議題を進めるために使用したので、彼らは試される機会に値しないので、今の計画はより高いキャバルの人形の単純な大量処刑のためのものです。彼らのゲームはこの時点で終了しました。

 

協力して、この重要なインテル情報と財務説明をすべての連絡先と共有し、彼らと同じことをするように動機づけます。これは私たちの本当の自由への新しい道の始まりなので、多くの人がこの目を見張る人に感謝し、このC危機の背景と彼らの検疫の必要性を理解します。

 

 

出典:最終ウェイクアップコール

 https://inteldinarchronicles.blogspot.com/2020/

 

 

 

 

以上、コロナウィルスに付いての分析記事でございました。

(^^✿

 

ちなみに何故私がこの様な記事を転載するのかと申しますと、それは多くの方達が今回のコロナウィルス騒動の裏で行われている真実を知れば、現在日本も含めて世界各国が実施している国境閉鎖や戒厳令に近い状態が何故必要なのかという、その本当の意味が理解できて、

 

「やみくもに恐怖に駆られる必要がなくなる」という観点からなのでございます。つまり「真実を知る事」で、賢い判断からの行動が取れると思うからなのです。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

私達が生活を営んでいる地球では、昔から「赤い盾」さん(※これお分かりになる方は、この世の隠された真実に通の方ですなぁ!)」が裏に隠れて、トンデモない事をし続けてくれたお陰で、

 

今回のコロナウィルスを利用した世界規模パンデミック=目に見えにない戦争まで考えなくてはならない、この様なカオスな状態にまで来てしまったという事ですね~。

(^^;

 

 

 

所で皆様♪

表向き「ロスチャイルド家」と呼ばれる方々が所有している「中央銀行」の本拠地が世界にはいくつか有って、それは

 

ロンドン市に在るイングランド中央銀行

ローマの中の市国バチカンに在るバチカン銀行

ワシントンDCに在る連邦準備銀行

フランクフルトに在る欧州中央銀行

 

だそうで、

ロンドンの中央銀行は、金(ゴールド)の価格を毎日操作しており、そしてロンドン市・バチカン市国・ワシントンDCは、法律から逃れられる様に、ナント実は独立した自由国家なのだとか!

\(◎o◎)/!

 

バチカン市国は知っていたけれど、ロンドン市とワシントンDCもとは、私は最近まで知らなんだ!

(・_・;)

 

まぁ、良くそこま悪知恵が働くものよのぉ~~~!お主もかなりの悪!よのぉ~~~!!(笑)

(◎_◎;)

 

 

 

…という事で、「金融システムの真実=奥の院の企み」に付いてご興味のある方は、今回の元の記事のリンクを貼っておきますので、是非全文読まれてみて下さい。

☆_(_☆_)_☆

 

  ↓     ↓     ↓

 

bokeneko22のブログ さんより

金は債務奴隷から人類を解放します

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年