あいまいになりがちな「人事の課題」 - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あいまいになりがちな「人事の課題」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 私がコンサルタントとして取り組む仕事は、企業の人事戦略や人事施策、人事制度や人材採用を、企業の方々と一体になってご支援することですが、ご依頼をいただくからには、会社としての何らかの課題があるわけです。

 

 例えば「今の人事制度がうまく行っていないので変えたい」などと言われますが、何がどううまくいっていないのかを尋ねると、「業績の伸び悩み」「退職者が増えている」「社員のやる気がない」「社員の能力が伸びない」「会社の雰囲気が悪い」などという話が出てきます。

 

 そういうことが起こっているのは間違いないと思いますが、挙げられている内容で、“業績”と“退職者数”以外は、数字で表現できない感覚的なものです。

 さらに、業績と退職者数に人事の課題が関係していることはわかっても、それがどの程度の比率や数で影響しているのかは、やはりはっきりとは表現できません。

 

 これは私がかつて企業人事にいた経験からわかることですが、人事にたずさわる人間は、物事を数字ではなく感覚で捉える傾向が、往々にして強いところがあります。

 仕事の対象は「人」が中心にあり、それは千差万別で一言では言い表せない存在であり、そんな感覚が染みついていることがあるように思います。

 これは、経営者や管理者でも、一人ひとりの日常に目が届くような規模の組織の場合は、同じような傾向があります。

 

 やる気、能力、雰囲気などは、人事の課題として重要なので、そこに目が行くのは当然ですが、それを表現しようとすると、どうしても主観に陥りがちな部分であります。また、何か具体的に表現しようとしても、データ自体が整理されていないことも多いです。

 結果として、人事の課題に対する問題把握があいまいになり、効果的とは言えない対策が打ち出されることも少なくありません。

 

 最近の人事の世界的な傾向は、脳科学や心理学、統計学といった科学的知見を活用して、感覚値や経験値で語られていたあいまいな部分を、できるだけ可視化していこうという動きです。

 日本の企業でもどんどん進んできている動きで、様々なアセスメントツールを使ったり、アンケートや面談などで継続的な調査を行ったり、その他データ収集と整理をしています。これからは意識していくべき取り組みでしょう。

 

 ただ、これらを実際にやろうとすると、その労力や費用は結構大きなものになります。

 アセスメントツールといっても、結局はいくつかの類型に当てはめて、それに合わせた対処をしていこうとすることなので、大企業のように豊富なスタッフがいれば別ですが、何でもかんでもできる訳ではありません。データの読み取りや活用には、それなりのノウハウも必要ですし、それを自社で実行できるとは限りません。

 よく聞くのは、課題指摘には納得できるし正しいと思うが、自社の環境ではできそうにないという話です。素晴らしいレポートをもらったが、どう活かしてよいかがイメージできないなどといいます。

 

 人事の課題は、感覚だけにとらわれずに、あいまいさを排除する意識を持ちながら、まず初めは“できそうなことをできる範囲から”という形が良いと思います。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

このコラムに類似したコラム

「白黒はっきりつけること」の良し悪し 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2019/12/24 08:00)

あって当たり前の制度でも「ダメなら変えればいい」という話 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2019/12/03 08:00)

「人事制度の形骸化」に対してやるべきことを考える 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2018/11/27 08:00)

「人事施策」の“企画”と“実行”が縦割りになる弊害 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2018/10/23 08:00)

「敗者復活」がなかなか難しい社会環境や企業の現状 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2017/12/19 08:00)