今月の「働く女性のための相談室」 - 性格・コミュニケーションの不安 - 専門家プロファイル

メンタルエステ ココロの部屋 
東京都
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

田中 よしこ
田中 よしこ
(心理カウンセラー)
中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2020年05月31日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今月の「働く女性のための相談室」

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 性格・コミュニケーションの不安

毎月10日頃発売の小冊子『PHPスペシャル』、今月の特集は「振り回されない練習」。今月号は個人的にとても読み応えのある内容で、お勧めです!

 

というのも、最近、人の目が気になる、人にどう思われているか気になる、言われたことを真に受けやすい、つい人と比べてしまうなど、つまり、他人に振り回されている人がとても多いからです。

 

たくさんある記事のなかで、私は個人的に、「慌てない、動じない、気持ちの落ちつかせ方」にとても納得しました。興味のある方、ぜひ本誌をご覧ください。

 

また、私の連載『働く女性の相談室』の今回のお悩みは、「つい人のせいにしてしまうこと」。

 

カウンセリングに来られる方にも、自分を責めるタイプと他人を責めるタイプの方がいます。責めるというのは、責任の問題であり、責任の問題は依存の問題でもあります。

 

依存的な人は、自分に自信がなく、責任をとることを怖れます。自責傾向のある人は過剰に責任を感じ、他責傾向のある人は責任を避けようとします。どちらも根っこは同じだと私は思っています。

 

自律している人は自分の責任を怖れません。関わったことから逃げず、必要に応じて謝罪や説明をし、できる範囲で精一杯フォローすることが責任だとわかっているからです。

 

責任を怖れる人たち=依存的な人たちは、自分と他人の境界があいまいなので、「できる範囲で」という感覚がつかめず、無制限に自分が責められ罰せられてしまうようなイメージがあるのかもしれません。

 

現実的にそんな過剰な責任をとる必要はないので、どうぞ安心してください。ていうか、過剰な責任はとりたくてもとれませんよね。たとえば、ないお金は払えないし、たとえ辞職しても事態は変わらないし(ちなみにただ辞めるのは逃げ=無責任です)。だから、責任とは自分ができる範囲で精一杯やるしかなく、それでいいんです。

 

そんなお話もカウンセリングでできるので、興味のある方はぜひいらしてください。お待ちしています

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 心理カウンセラー)
メンタルエステ ココロの部屋 

カウンセリングはココロのエステ

自分を好きになれない、自信がない、思ったことを上手に表現できない、人目が気になって仕方ない、不安やイライラで毎日が楽しくない、甘え下手・・でもどうしていいかわからない、そんな悩める女性たちを心から応援します。ぜひ一度ご相談ください。