やめれば痩せる!日常3つの悪習慣。 - コラム - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

やめれば痩せる!日常3つの悪習慣。

- good

こんにちは!
モデルボディメイクトレーナーの
佐久間健一です。


意識的にも、無意識にも陥りがち。
話題の痩せる方法や昔痩せた方法の
効果を打ち消してしまう悪習慣。
これは自ら気づくことはなく、
その名の通り無意識に習慣化される。

そして知らぬ間に悩みは深くなり、
なんで痩せないのかもわからない。。
そんな状態に追い込まれていく。
やっても痩せない。だからやらない、
すると当然のように太っていく、、

もしあなたが今そんな状態にあれば
今日の内容は必ず役に立ちます。
今日はダイエット中に陥りがちな悪習慣。。
これを断ち切ることで、
断然に痩せやすく!太りづらい!
体質にリセットしていく方法
です。



昔は痩せたのに、だんだんと痩せづらく
痩せてキレイになりたい。
その思いも行動も比較的容易に現れたのは
10代や20代の成長の時期。
代謝も活発で必要なカロリーも多い!
少し運動と食事を調整すれば
2キロ3キロと変化も出やすい!


しかし、その後に着実に蓄積するのは
痩せづらくなる体質。
こうしてダイエットを繰り返すほど、
次第に痩せづらくなっていき、
良い方法も昔痩せた方法も効果がない。
と実感するようになっていく。

本来はここから、筋トレや食べ方で
この体質は容易にリセットしていける!
しかし、それをも阻害してしまう原因があり
それ自体も叶わなくなっていく。
この原因になるのがある3つの悪習慣です。





身体は根本的に痩せたくない!
身体の本質的な行動は
常に生存欲求により決まっていきます。
これは、ダイエット関連でいうと、
食べることエネルギーを節約すること
この2つが脅かされることは、
生命保持に対してはマイナスになる。


つまり、成長期や活動が活発な時期は
いやでも使ってしまうカロリーも
30代以降になると必要カロリーも減る。
このことがとにかく節約モード!
に体を優先的に切り替えてしまう。
そして行動や習慣も無意識に変化していき
よりエネルギー消費を節約する癖が付く。

ダイエットは言い換えると体にとっては悪!
なぜなら、余計にカロリーを消費させ
体を痩せさせていこう!
という手段だから。
そのため、
想いは痩せたい!身体は痩せたくない!
と常に真っ向から対立した状態になり
痩せたり痩せなかったりと、
天秤にかかった状態になってしまいます、





やめれば痩せる!日常3つの悪習慣。
こうした状態は、年々の代謝低下により
40歳を超えると体の欲求側に偏り始める。
つまり、痩せるよりも
太ることを優先していってしまうように。
理論的には
年間450グラムずつの自然な筋肉量の減少
甲状腺ホルモンの低下による代謝低下
そして、二次的に
ダイエットの繰り返しによる代謝低下
これらにより自然と省エネ化は進み、
どれだけ話題の痩せる方法でも
私には効果がない、、
という状況を作ってしまいます、、


じゃあ筋トレ?食事制限?糖質制限?
と奮起したとしても、
その効果を感じるには時間がかかり、
何より思ってるよりも効果を感じれない。
だからこれを続けるのは
余程のことがないも無理なこと。

なら、どうすればよいのか?
その答えになるのは習慣を変えること。
先に少し述べましたが、
身体は無意識にカロリーを使わない
省エネ習慣を作ってしまうもの。
つまり、それを取り除いていき、
カロリーをムダ遣いする習慣を付ければ
日常的に痩せていく体質に変わる。

頑張ろう!と一時奮起するよりも
日常の無意識で少しずつでも痩せていく。
これが積み重なり、1年2年後では
覆らないほどの大きな差になる。
今日はその基礎となる3つの方法。
ぜひ一つずつ取り入れていきましょう。

やめれば痩せる!日常3つの悪習慣。


食事回数を減らすことをやめる
→意図して食べなかったり、
時間がなくて食べなかったり、
これらにより一種の防衛習慣が働く。

それは、次の食事で必要以上に食べて
必要以上に脂肪として蓄えること。
定期的に食べる時間が決まらないと
身体は飢餓の不安から、
何より優先して脂肪をため込もうとします。

そのため、現在の食事回数よりも
食べる回数は1〜3回は増やすことが効果的。
しっかり食事!でなくても良いので、
ひとつまみ、ナッツやドライフルーツ等
固形でカロリーのあるものを
胃に入れる習慣を付けていきましょう。


朝ご飯を抜くことをやめる
→先ほどと理由は似ていますが、
寝起きは、身体が最も飢餓な状態。
睡眠を含め、8時間前後は何も食べれなく
危険信号を発しています。


この活動開始の寝起きに食べれずに
時間が進んでいくと、
身体は最優先で筋肉を分解しエネルギーに。
つまり、基礎代謝が低下し
より消費が少ない身体を癖付けてしまう。

そのため寝起きは必ず食べること。
お水一杯に、フルーツ、卵、チーズ等
糖質、脂質、たんぱく質を
少量でも胃に入れることが効果的です。


意図した有酸素運動を減らす
→体を動かせば痩せる!
これは強く根付いている間違い。
意外にも、せかせかしてるしとほど痩せず
ゆったりしてる人ほど痩せているもの。

これは、たくさん動く=カロリーを使うため
体としてはなるべく省エネに!
と体質を変えてしまうから。
特に日常生活自体が有酸素運動なので、
これにプラスして運動することは
この省エネ体質を促進させてしまう。

そのため、頑張って歩く!こまめに動く!
というのは逆効果になることが多い。
(最も効率的なのは筋トレを数分!
後はあまり意図して動かないこと)

1日の消費カロリーの70%は
何もしていない時に消費する基礎代謝
実際に動くことによる消費は
活動代謝と呼ばれ20%程度。
これらを踏まえても、
無理に動き回ることはあまり効果的ではない
ことが分かりますね?

これらの3つ無意識な習慣を
やめていくことで、
身体は嫌でも消費が高い体質になる。
そしてその体で毎日を過ごせれば
体脂肪を溜め込めずに消費されていきます。


今はダイエット中だから!
と区切ってしまうことは本来NG、
なぜなら身体は毎日毎日
脂肪の分解と合成を繰り返しているから。
なら?その日常の中に
脂肪を分解する要素を取り入れることで
常に太らず痩せていく!
を日常化していくことができます。

ぜひお試しください。


ダイエットしよう!と始めても変わらない。
だからなかなか続かない。。
そして増えてきた体重に焦り、
一時運動!食事!と無理に頑張る!
それでも変わらない、、

そんなあなたはご参考にしてください。



「書籍第2弾でも!
印税還元モニター開始!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【特別枠!マンツーマン受講】
(第2弾還元モニター枠は10名→3名で終了!)

もしあなたが
数々のダイエットを試し続けても、
一向に理想の体型、体重にならないなら
おそらくそれはあなたのせいではありません。

新着!2018.8月~2019.7月!新773件の感謝の手紙追加!
痩せながら!知識を学ぶ!
ダイエット資格取得講座



勇気を出して高額ジムに踏み込んだ!
痩せたけどすでに5キロ以上リバウンド。
人生の楽しみは食べること!
でも太りたくない。。
ダイエットの連続で無理がたたり
体調不良が慢性化してる。
そんなあなたのための
痩せながら知識を学べるダイエット方法

(↓クリック)
8月も多くのご応募ありがとうございました。
9月は若干名ご調整しているので
受講を考え中のあなたは
今すぐお問い合わせください。(9/7更新)
ご受講の有無はご自由にお選びください。
【オフィシャルダイエット講座】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「秋のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容のご提案も充実


(↓クリック)
24カ月連続増加!
【会員数計573,347人】
モデル体型ボディメイクダイエット




お知らせ(新8/31更新)
【急募!】
7.8月受講(プレミアム枠)の最終調整により
特別に2名の枠ができました。
締切りになる前に
お早めにお問い合わせください。


私はボディメイク専門の
トレーナーになる!!


祝!第20期生記念!
ボディメイク専門トレーナー
公認資格養成講座

(↓クリック)
あなたがトレーナーを目指すなら、
特別にご優待される権利があることを
ご存知でしたか?
7つの優待「ボディメイク専門トレーナー」
公認資格養成講座




書籍第1弾の印税は、
今年7月時点で無事に還元。

そして、続く9月からも!
第2弾で頂いた印税を、
ご受講料に50%還元させていただきます。

1弾に比べ、そのほとんどが
海外出版の準備で先行投資に宛てたため、
申し訳ございませんが、
極少数のご受講枠に限らせていただきます。

夏にご検討いただいていたあなたへ。
また、タイミング的に合わなかったあなたへ
ぜひこの機会にお早めにご連絡ください。

書籍で届けられて得られた利益は
まだ見ぬあなたのために還元。
それを通じて、あなたの負担を少なく、
そして体型の悩みが無くなることを
心より楽しみにお待ちしております!


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー