HNK「あさイチ」でご紹介した氷ケアのおさらい - 美容医療全般 - 専門家プロファイル

しのぶ皮膚科 院長 院長
東京都
院長 皮膚科医
03-6453-6955
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

HNK「あさイチ」でご紹介した氷ケアのおさらい

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 美容医療
  3. 美容医療全般
NHK「あさイチ」で放送された氷ケアのやり方をもう一度書いておきますね。やり方をもう一度詳しく知りたい方、放送を見られなかった方もぜひ、参考にしてみてください

 

自宅にある氷をビニール袋に2、3個入れて、袋の口を結びます。それを綿のハンカチや薄いタオルに包んでいただくと、準備OKです

 

ポイントは、顔の中心から外側へ、また、顔の上から下へ、1回につき3秒ずつぐらいずつ軽く押し当てること おでこから、耳の脇を通って、耳の下へと少しずつ移動させていきます。目の周りは、目頭から瞼の上、目尻の方へ、そしてまた下瞼を通って、目頭に戻ってくるようにします。口の周りも同様に、内側から外側へという順番です

 

強く押し当てたり、皮膚を引っ張り上げるようにしたりするのはNG。気持ちいい程度に押し当てることが大切です この、気持ちいいという感覚はとても大切です。無理をして痛みを感じるまでやるのは逆効果でしかありません

 

目の周りや小鼻の脇など細かい場所をケアしたい時に便利なのが、小さくて丸い氷。製氷器で作るのは大変なので、私はいつもビニール手袋を利用して作っています

100円ショップなどで売っている使い捨てのビニール手袋の第一関節くらいまで水を入れて、口を縛って凍らせます 紙コップなどに立てて入れると冷凍庫の中で水がこぼれたりせず、上手に凍らせることができます 完全に凍ったら、指のところを挟みで切り離してゴムなどで結び、綿のハンカチなどでくるむと出来上がりです

 

冷やすことで毛穴がキュッと引き締まり、汗や皮脂が出にくくなります 1回の効果は一時的ですが、毎日続けると毛穴自体も小さくなってきますよ

 

さらにこの氷ケア、美肌にも効果があるのですが、そのメカニズムについては次回お伝えいたします

 

 しのぶ皮膚科https://sclinic.jp/ 

 

  
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 院長 皮膚科医)
しのぶ皮膚科 院長 院長

皮膚科医だからこそ提供できる質の高い美容医療を

皮膚科医として12年以上勤務した後、美容医療の道へ。豊富な臨床経験から裏付けられた“しのぶメソッド”は、患者様からの支持が厚く、気軽に相談に来る人も多い。また、最新の美容医療情報を積極的に発信中。

03-6453-6955
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。