ヒールで美脚&全身の体脂肪を減らす方法 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ヒールで美脚&全身の体脂肪を減らす方法

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

こんにちは!
モデルボディメイクトレーナーの
佐久間健一です。


美脚魅せのために!おしゃれのために!
活用されることが多いヒール
脚が細く長く見え、
美脚アイテムとしてもマストの一つ!

しかし、そのせいで履いてない時は
脚がむくむ、疲れる
ふくらはぎがししゃものように張る
筋張って筋肉質になってくる
とその弊害も受け取ってしまう、、

もしあなたが今そんな状態であれば
それはとても勿体のないこと。。
今日はヒールを履きながら、
見た目の細さはもちろん!
ふくらはぎを細くしていくための方法
です。



ヒールがもたらす美脚効果
ヒールは元々ヨーロッパ州で生まれました。
経由としては、
骨盤後傾が多いヨーロッパ女性は体型的に
ヒップ位置が低い
膝上に対して膝下が短い
背は高いが上半身と下半身が半々の長さ


これに対しアメリカ州では
骨盤前傾の体型が多く、その特徴として
ヒップ位置が高い
膝上に対して膝下が長い
上半身よりも下半身の方が長い
と総じて脚が長い体型が多くなります。

そのため、ヨーロッパ州では
骨盤を前傾に傾けヒップ位置が高く
膝下を長く見せる
の目的でヒールが履かれるようになった。
というのが発祥の根元になります。





ヒールがもたらすデメリット
ヨーロッパで浸透したファッションが
数年後に日本で流行る!
というのが長年のファッション業界の傾向。
そのため日本でもヒールが流行り始めました
体型的な特徴としても平均身長以外は
ヨーロッパ州と似ているアジアでは
それがすんなり受け入れられるのも納得。


しかし、唯一の違いである平均身長。
(日本158センチヨーロッパ171センチ)
この差がヒールを履き続けて
脚が太くなる、変わらないの差になる。
平均身長が低いほど、体型の特徴として
上半身が下半身より長い
太ももがふくらはぎより長い
という骨格になります。

これが意味するのは、
歩くときや立っている時に
ふくらはぎに負担がかかりやすいということ
その上に、常につま先立ちでいる
ヒールが長く続けば
むくむ、疲れる、筋肉で太くなる
というのは普通に自然なこと。
そう。普通に履き続けていれば
この傾向から抜け出すことはできません、





ヒールで美脚&全身の体脂肪を減らす方法
もちろん、原因され分かっていれば
その対策は難しくはありません。
解消方法としては膝上や背骨等から受ける
ふくらはぎの負担を全身に逃がす
こと。


ヒールでの生活が多い女性ほど、
反り腰が定着してしまい
股関節周りも同時にガチガチに固まる。
それにより歩く足の負担が
股関節手前で受け流せなくなり
全ての負担をふくらはぎで受けてしまう。
(平均身長が高い場合は、
そもそも膝上や背骨の重量が少ないため
長くヒールを履いていても負担が少ない)

そのため、対策としては
反り腰の解消
股関節周りの柔軟性を増やす
そして股関節ー背骨ー肩甲骨が
連動して使われる
ようにする。
という流れが必ず必要になります。
この流れを作ることで、
足の負担が減ることはもちろん。
その負担を全身でカバーするために
全身の基礎代謝もアップしていきます。

ヒールで美脚&全身の体脂肪を減らす方法

たった姿勢で踵立ち。


その場で腕を振りながら踵歩きします。
胸を張った姿勢で60秒間続けましょう。

胸を張り、その場で踵歩き
→ヒールに慣れるほど骨盤は前傾に。
常に重心位置はつま先よりになる。
すると、腰の反り、太もも前、外が
偏って発達し続けてしまう。

これが反り腰を定着させて
股関節の柔軟性を減らしてしまう原因。

踵歩きのとの動作では、
骨盤が若干後傾方向に傾くため
ヒップ、太もも裏等の骨盤前傾の逆の筋肉。
普段使われない筋肉が
使われるようにりバランスが取られます。


座った姿勢から手を後ろにつきます。


ヒップを少し浮かせ、
対角の手足を一歩ずつ前に出し歩きます。
前後に同じ歩数になるように
40〜60秒目安に歩きましょう。

手足をつき、前後に歩く
→先に骨盤前後のバランスを整えたので
次に股関節ー背骨ー肩甲骨
体幹周りを連動させて使っていきます。
まずこの姿勢により、
クセになっていた反り腰、太もも優位な
使われ方は出られなくなります。

その上で、その他の手足、体幹周りの筋肉が
満遍なく使われるようになると、
日常でもこのクセが定着していきます。
イメージでは、
歩く時はふくらはぎーヒップー体幹ー肩甲骨
と、体重負荷を逃がせる連動が作られ
総じてふくらはぎの負担が軽減します。


筋肉は使われなければ減る性質からも
ふくらはぎのサイズダウンに効果的!
また、全身に負担が分散されるため、
その他の筋肉の出力が増え
消費カロリー自体も増えていきます。

履かないわけにはいかないヒール。
毎日数時間はそれで生活する。
確実に体型に影響してくる要素です。
だからこそ知ってるか知らないかだけで
大きく悩みの差になってくる。
ぜひお試しください。


ヒールを履く毎日。
夕方にはふくらはぎがパンパン。
毎日ケアしてるけど、
気がつけば太くなり、筋張っている。
いつしか1番の悩みになっている、、
あなたはご参考にしてください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もしあなたが
数々のダイエットを試し続けても、
一向に理想の体型、体重にならないなら
おそらくそれはあなたのせいではありません。

新着!2018.5月~2019.4月!新773件の感謝の手紙追加!
痩せながら!知識を学ぶ!
ダイエット資格取得講座



勇気を出して高額ジムに踏み込んだ!
痩せたけどすでに5キロ以上リバウンド。
人生の楽しみは食べること!
でも太りたくない。。
ダイエットの連続で無理がたたり
体調不良が慢性化してる。
そんなあなたのための
痩せながら知識を学べるダイエット方法

(↓クリック)
5月も多くのご応募ありがとうございました。
6月も還元モニターを若干名ご用意しているので
受講を考え中のあなたは
今すぐお問い合わせください。(5/28更新)
ご受講の有無はご自由にお選びください。
【オフィシャルダイエット講座】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「春のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容のご提案も充実


(↓クリック)
24カ月連続増加!
【会員数計573,347人】
モデル体型ボディメイクダイエット




お知らせ(新5/28更新)
【急募!】
4.5月受講(プレミアム枠)の最終調整により
特別に2名の枠ができました。
締切りになる前に
お早めにお問い合わせください。


私はボディメイク専門の
トレーナーになる!!


祝!第20期生記念!
ボディメイク専門トレーナー
公認資格養成講座

(↓クリック)
あなたがトレーナーを目指すなら、
特別にご優待される権利があることを
ご存知でしたか?
7つの優待「ボディメイク専門トレーナー」
公認資格養成講座


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー