なんで?「体重は減っても体脂肪が減らない」3つの原因 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なんで?「体重は減っても体脂肪が減らない」3つの原因

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット



「Amazonランキング大賞2018年間」
『体幹リセットダイエット』が
和書総合2位
暮らし・健康・子育て1位
になりました!




1日200冊以上でる本の中で、
2年以上首位をキープでき光栄に思います。

ダイエットの基礎として、
より伝えていけるよう
身も心も精進していきます!


さて今日は都内の美容専門学校にて
ダイエット講座へ。


今日は初回なので食事講座。
始めのアンケートで多かったのは、
これから連休の時期で太るのが怖い、

現実的に、食べ飲みの機会は
4.5月が年で一番多く
平均して1.3倍になります。




だからこそ知識が差になる
太るか太らないか

今日の内容で
まず心配はありませんので
安心してお試しくださいね!


ということで今日は
食事の悩み。
年末年始からGW明け、そして夏へ。
痩せたい想いに関わらず
増える食事の機会。

食べ過ぎは楽しさと後悔と、
気持ちの浮き沈みも激しくなります。



4月も後半!
ダイエットを始めるあなたには
本格的な夏が意識されてくる時期!

それほどに焦るし、無理できてしまう。
その無理は体に蓄積され、
体調不良やリバウンドと繋がりやすい。

それを起こさず、目標を叶えるため
痩せる知識をきちんと伝えていたます。


今日は春の時期のダイエットに多い
痩せても体脂肪が減らない原因ついて。

ダイエット業界では
これからの時期にさらに増える
短期で何十キロ!だけの競り合い。。



もし選んた方法が
体水分だけが減る痩せ方
筋肉が減る痩せ方
極度の食事制限の痩せ方
だと、ダイエット後には必ず
・少し食べると太るようになった
・元体重よりリバウンド

となってしまいます。



だから、痩せたり太ったり、
またジム探し、エステ探し、サプリ探し、
食べて良いのかな、やめたほうが良いかな、
食べた後の罪悪感、ストレスの暴食

どれだけの時間をダイエットに費やしても、
未だに悩んでしまう。。
受け手の一生を変えてしまいます。

それほどにダイエット業界は
似たり寄ったりの数字競争が
多すぎて選ぶ側の不利になっています。。



これだけの情報社会、
しっかりダイエットの基礎を
身に付けられるように貢献すること。

根本的な体の作りは不変だからこそ
情報の波に流されない知識を
配信していきます。



ダイエットに必要な
運動学、生理学、機能解剖学の根本。
元々、ダイエットはアメリカからの学問が
日本の基礎になっています。

体脂肪の減らし方」というのは
世界共通で決まっています。



簡単に書くと
運動全般の刺激、タンパク質摂取
(アドレナリン、グルカゴンの
ホルモン分泌)

脂肪細胞内の
ホルモン感受性リパーゼ活性

中性脂肪の分解
脂肪酸とグリセロールに分かれる

筋肉内でエネルギーとなり消費




これはシンプルに浸透し
運動!食事制限!
がダイエットの基礎となっている所以です。

しかし、これですんなり行けば
とっくにダイエットに悩む女性はいません。

実際にダイエットしていて、
最も多い体脂肪が減らない理由は
インスリンの作用

アドレナリン等の脂肪分解の逆で
インスリンは脂肪の合成



仮にほとんど食べなくても、
脂肪の合成が進むインスリンのせいで
足りないカロリーは全て筋肉を削っている
(基礎代謝を自ら減らしている)
というのが現状です。


机上だけでいうと
朝ごはんを抜いて走る
たくさん食べた後日は食事を抜く
休みの日に2時間まとめて運動
は脂肪分解に効果的となりますが、

内分泌学が混ざる現実では、
どれもインスリンの分泌が多く
痩せない、リバウンド、体調を崩す
ことを多くの女性が経験してます。




先ほどの3つのデメリット
朝ごはんを抜いて走る
→脂肪分解と筋肉の分解が起こり、
筋肉の分解→糖に変わる→血糖値が上がる
→インスリンで脂肪合成。

たくさん食べた後日は食事を抜く
→物理の質量保存の法則から
食べないことで溜まったカロリーを消費
→空腹が続くことで血糖値の低下
→脂肪と筋肉が分解
→筋肉の分解→糖に変わる→血糖値が上がる
→インスリンで脂肪合成。

休みの日に2時間まとめて運動
→90分を超える運動は脂肪分解に加え、
ストレスホルモンのコルチゾルにより
タンパク質の分解=筋肉の分解
→糖に変わる→血糖値が上がる
→インスリンで脂肪合成。



結論、脂肪は減らず筋肉が減り
痩せない、リバウンドの条件
揃ってしまいます。


ダイエットに関しての情報は、
どんな分野の人でもネットで調べて公表!
というのが簡単にできてしまいます。

きちんと情報を見分けられないと
痩せられないことに焦り、、
〇げっそりするほど食べない!
〇吐きそうなほど激しい運動!

の力技に走ってしまう。。

結果、ストレスホルモンの増加で、
またまた痩せない、リバウンドの
条件が揃い抜け出せなくなります。。



これからもずっと付き合い続ける
自分のカラダ。
ダイエットも常に付きまとい
生活に切っても切り話せないもの。

確かな知識を身に付け
あなたが悩まないように、
あなたの成長につながるように。

今日は体脂肪が減らない
3つのNGダイエット
でした。
ご参考にしてください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もしあなたが
数々のダイエットを試し続けても、
一向に理想の体型、体重にならないなら
おそらくそれはあなたのせいではありません。

新着!2018.4月~2019.3月!新773件の感謝の手紙追加!
痩せながら!知識を学ぶ!
ダイエット資格取得講座



勇気を出して高額ジムに踏み込んだ!
痩せたけどすでに5キロ以上リバウンド。
人生の楽しみは食べること!
でも太りたくない。。
ダイエットの連続で無理がたたり
体調不良が慢性化してる。
そんなあなたのための
痩せながら知識を学べるダイエット方法

(↓クリック)
3月も多くのご応募ありがとうございました。
4月も還元モニターを若干名ご用意しているので
受講を考え中のあなたは
今すぐお問い合わせください。(4/1更新)
ご受講の有無はご自由にお選びください。
【オフィシャルダイエット講座】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「春のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容のご提案も充実


(↓クリック)
24カ月連続増加!
【会員数計573,347人】
モデル体型ボディメイクダイエット




お知らせ(新4/1更新)
【急募!】
3.4月受講(プレミアム枠)の最終調整により
特別に2名の枠ができました。
締切りになる前に
お早めにお問い合わせください。


私はボディメイク専門の
トレーナーにる!!


祝!第20期生記念!
ボディメイク専門トレーナー
公認資格養成講座

(↓クリック)
あなたがトレーナーを目指すなら、
特別にご優待される権利があることを
ご存知でしたか?
7つの優待「ボディメイク専門トレーナー」
公認資格養成講座


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー