春の冷え、むくみ、便秘「知らぬ間に付く太りクセ」 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

春の冷え、むくみ、便秘「知らぬ間に付く太りクセ」

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

美容サイト「ファビアンヌ

体幹リセット監修させていただきました!
(↓クリック)監修記事はこちらから

また、ファッション誌「マキア

昨年の監修記事を
オンラインにご掲載いただきました!
ぜひご覧ください。
(↓クリック)監修記事はこちらから

そして本日も、別紙の雑誌撮影へ。
こちらは30代後半からの内容でした。


姿勢や筋肉量、ホルモン環境は違えど、
基礎代謝の増やし方、体脂肪の減らし方
本質は同じ。

正しく伝わり
知識になることを願ってます!
毎月多誌面のご企画をいただき
心から感謝しております!


ということで今日は
女性のダイエットに共通する敵

身体の冷え、下半身がむくむ
午前の体調が悪い
慢性の便秘と腹痛
に関する基礎知識です。


今やコンビニや美容室の数並みに
格段に増えつづけるダイエット方法。


運動内容には個性があり
ガッチリ筋トレ、ランニング、ヨガ
また
トランポリン、サーフィン系、ボクササイズ
等、飽きない仕組み、高カロリー消費を狙う
ことがうまく作られています。
いわゆる他のと差別化です。


もちろん!どこもあなたをキレイにしたい!
と信念があるから運営しているのであり、
全てが良いものと言っても
過言ではありません。


しかし、ここに女性のダイエットの
共通のデメリットがあります。。
それは「慢性的に貧血を招く状態になる
ということ。



体脂肪が減る段階は2つ。
運動刺激のホルモンによる分解。
運動、食事の摂取消費による消費。
必ずこの2つを基本としています。

そして、この2つの働きには
一定の酸素が血中に含まれること
条件となります。

しかしながら、
運動強度が高かったり、
量が多かったりすると
ゼーゼーハーハーと酸欠状態になります。

運動だから当たり前のようですが、
運動能力を上げたい!
持久力を高めたい!
強くなりたい!
等の目標では必ず必要なゼーゼーハーハー。
相当なストイックをキープできるから
体型を作り保っていけます。



ダイエットの場合はデメリットです。


酸欠になる=血中の鉄分が不足する
→血中のヘモグロビンが鉄と酸素を結合させ
酸素を体全体に運びます。

血流の酸素量は=体温(基礎代謝)となり
運動中は身体が熱く、汗もかきます。

運動が激しいほど、どんどん鉄を消費し
カロリー消費はするけど、
その後の日常は鉄が慢性して低下します。


朝が苦手、午前が苦手
貧血気味、慢性の腹痛
手足が冷える、下半身がむくむ
血色が悪い
みんなが暑がる中、寒いことがある
運動をしていて、これらが起こる場合
確実に体は鉄不足の酸欠状態です。

言い換えると、24時間のうち
運動時の1時間程度は消費カロリーは高い!
しかし、残りの23時間は
身体が省エネ体質、不調になっている。

ということ。

忙しいときも、風邪気味のときも
無理くり時間を捻出し運動し続けなければ
もう体型は保てない状態です。



実際にどの程度が強度が高い、量が多いの
定義になるかというと
足音がする運動(家でできない運動)
→足裏やジャンプ系の運動は血管を圧迫し
鉄分をドンドン壊してしまいます。
30分を超える運動
→心拍数が上がり酸素交換の量が増えると
それだけ酸素消費が増え
=鉄分消費が増えていしまいます。

これらは血中のヘモグロビン量を低下させ
日常生活の省エネ化を引き起こします。

また歯がゆいことに、
ジムに行くと超えないことが
ほぼ不可能となる強度範囲
になります。

言い換えると、
食べても太らない体質を作るはずが、
24時間中の23時間が省エネになり
自ら食べると太る体型に変えている。


逆にアスリートなら、それを数倍の時間
毎日のように何年も繰り返すため、
常に運動の消費を賄うために
たくさん食べ続けなければならない。

ここにダイエットとスポーツの
運動の違いが露呈されているのに
なかなか気づけないことが問題。

少し専門的ですが、
日常的に高い体温、代謝を保ち、
脂肪の分解を増やすためには
血中の酸素+鉄分の含有率を増やすこと。


サプリや食事で鉄が多く含まれるもの!
というとは誰でも知ってることですが、
女性はただでさえ、周期による鉄分不足、
筋肉量による鉄の吸収のしづらさ
があり、
そこにダイエットの運動も含まれると
どう頑張っても不足します。


鉄分のことを中心に考える生活!
のアスリートレベルでないと
ダイエットしながら体調を保つのは無理。

だから
体調不良で辞めててしまう
辛くて続かない
食事で鉄分が足りないストレスで過食
の決定的なリバウンドパターンから
抜け出せません。

・鉄消費を抑え、血液中の酸素含有率を保つ
・その範囲での運動で基礎代謝の向上
・鉄の吸収を効率的にする食べ方

ここを一つでも外すと、
結局ダイエット難民に逆戻りです。


でもその対策は意外にシンプル。
足音や音の立たない強度
1回を30分を以内で終わる時間
珈琲、炭酸、大豆は1日食まで。
これだけでも、この状態から抜け出し
ダイエットと健康を保っていけます。


ダイエットを始める時は誰でも
モチベーションが高いだけに
無理や我慢が効きすぎてしまう。

そして一定期間で必ずやる気は低下するので
ここでそのツケが全部回ってきます。


リバウンド、体調不良等
もう立ち直れない、
というレベルまで何度も経験してしまう。
また体調も戻り繰り返してしまい、
痩せない、太る。
のサイクルに陥ってしまいます。

だからこそ、
こういう時どうするの?」を変えられる
シンプルで効果のある流れを持っておくこと。

情報社会なだけに、
気になるダイエット情報は
多く知ってる方が良い!
と思われがちですがそうではない。

いらない情報を捨てて捨てて、
こういう時どうするの?」を変えられる
シンプルにまとめた流れを、
いくつか知ってることが最も大切です。
今日もお役に立てる内容でありますように。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もしあなたが
数々のダイエットを試し続けても、
一向に理想の体型、体重にならないなら
おそらくそれはあなたのせいではありません。

新着!2018.4月~2019.3月!新773件の感謝の手紙追加!
痩せながら!知識を学ぶ!
ダイエット資格取得講座



勇気を出して高額ジムに踏み込んだ!
痩せたけどすでに5キロ以上リバウンド。
人生の楽しみは食べること!
でも太りたくない。。
ダイエットの連続で無理がたたり
体調不良が慢性化してる。
そんなあなたのための
痩せながら知識を学べるダイエット方法

(↓クリック)
3月も多くのご応募ありがとうございました。
4月も還元モニターを若干名ご用意しているので
受講を考え中のあなたは
今すぐお問い合わせください。(4/1更新)
ご受講の有無はご自由にお選びください。
【オフィシャルダイエット講座】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「春のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容のご提案も充実


(↓クリック)
24カ月連続増加!
【会員数計573,347人】
モデル体型ボディメイクダイエット




お知らせ(新4/1更新)
【急募!】
3.4月受講(プレミアム枠)の最終調整により
特別に2名の枠ができました。
締切りになる前に
お早めにお問い合わせください。


私はボディメイク専門の
トレーナーにる!!


祝!第20期生記念!
ボディメイク専門トレーナー
公認資格養成講座

(↓クリック)
あなたがトレーナーを目指すなら、
特別にご優待される権利があることを
ご存知でしたか?
7つの優待「ボディメイク専門トレーナー」
公認資格養成講座




【ごめんなさい。】
正直僕は目に見える現実しか信じないので、
【ラスト3日で終了!】


「うさんくさ」
としか思ってませんでした。
(失礼すぎます。本当にすみません。)
(↓クリック)
「まだ信じてないから無料で。」
もしあなたも実感できたなら
それは本物だと僕も信じます。




「たった一回の人生」

泣いても笑っても、
喜んでも悩んでも。
たった一回の人生。

なら、自分勝手でも、
楽しいことだけしてても絶対良い。

じゃないと、結局人のせいにして、
不満ばかり言って何年も過ごしてしまう。

じゃない。
人生をコントロールできるのは自分だけ。

ダイエットの悩みをなくし、
好きな洋服を着て
好きな食べ物を食べて
その上で自分らしくキレイでいる。

何歳からでも無理なことなんてない。
今が残りの人生で一番若い時。

ダイエットの悩みを無くして、
自分を取り戻せるように。

あなたの人生の悩み。
関われて、応えられるように。

あなたの大切な時間。
悩みを解消できる時間を与えられるように。
このメルマガ、ブログ、雑誌等を通じて
あなたの悩みがなくなるまで。
責任を持って配信していきます。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー