しのぶ皮膚科がヒアルロン酸で法令線を埋めない理由とは? - 美容医療全般 - 専門家プロファイル

しのぶ皮膚科 院長 院長
東京都
院長 皮膚科医
03-6453-6955
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

しのぶ皮膚科がヒアルロン酸で法令線を埋めない理由とは?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 美容医療
  3. 美容医療全般

先日ご説明したように、ヒアルロン酸は美容医療のなかでは注入剤を使った治療に区分されます。注入剤は、別名フィラーとも呼ばれます。直訳では「埋めるもの」とか「詰め物」という意味になります

 

よく、ヒアルロン酸でほうれい線や、目の下のシワ(いわゆるゴルゴ線)を消したいと相談してこられる方がいるのですがまさに、へこんでいるところを埋めたいというご要望なんですよね

 

ただ、しのぶ皮膚科では、基本的にはヒアルロン酸でほうれい線を「埋める」ことはしません

というのも、ほうれい線や目の下のシワにヒアルロン酸を注入してへこみを埋めてしまうと、顔の凹凸がなくなり、とても不自然な表情になってしまうからです

 

また、凹凸がないと顔が平面的に見え、どーんと存在感が出てしまいます つまり、お顔が大きく見えるんですね。

みなさん、お化粧するときはハイライトやシェーディングを入れて立体的に見えるように工夫しますよね なのに、ほうれい線を埋めてお面のような顔にしてしまうのは、逆効果です

 

そもそも、ほうれい線はへこみではなくたるみ。たるんでいる頬の部分を持ち上げてあげるようにヒアルロン酸を入れれば、目立たなくなります それでもどうしても気になるという方には糸リフトをお勧めします

 

他のクリニックで、ほうれい線にヒアルロン酸を入れて、顔つきが変わってしまったから溶かしてほしいと来る患者様もいらっしゃいます

 

同じヒアルロン酸でも、クリニックによって打ち方は違いますしのぶ皮膚科の治療を、一度体験してみませんか


ヒアルロン酸 パーフェクトノーズ ビフォーアフター


 

 

Instagramtwitterお問い合わせ・ご予約 reserve@sclinic.jp

HP https://sclinic.jp

 ポチお願いします          ♡しのぶ皮膚科 しのぶ♡   

 

・施術解説(ヒアルロン酸) 顔全体を診て改善した方が良いところを診察します。 患者様の悩んでいるところを詳細に聞き、一番よい治療方法を相談して決めます。 顔を洗顔しメイクを落として頂き、施術前の顔写真を撮ります。    麻酔クリームを治療する部位に塗布して数十分置く。    麻酔クリームを取り除き顔全体を消毒する。患者様の皮膚の性状と治療内容に 適したヒアルロン酸を用意し、治療内容に適した針やカニューレを用意します。 治療部位にマーキングし、痛み、痺れなどを注意深く確認しながらヒアルロン酸を注入します。 一カ所ずつ止血を確認し、鏡を見て患者様と施術箇所を確認します。 ヒアルロン酸の残量が1/4程度になったときに最後の患者様が気になる部位を相談し丁寧に仕上げます。 施術内容を説明確認し内出血がある場合は冷やし、消毒をして施術終了。

 

 

 

・施術リスク(ヒアルロン酸) 細い針で注入しますが、内出血や痛みが出る事があります。内出血は個人差がありますが、2週間程度経過をみる必要があります。   非常に稀ですが、ヒアルロン酸はアレルギーが起こる事や、被膜形成(しこり)が起こる事や、感染が起こる場合があります。   そのような症状が現れた場合は適切な処置が必要なため、早めにご連絡・ご相談ください。

 

 

 

   

 

 

 

  
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 院長 皮膚科医)
しのぶ皮膚科 院長 院長

皮膚科医だからこそ提供できる質の高い美容医療を

皮膚科医として12年以上勤務した後、美容医療の道へ。豊富な臨床経験から裏付けられた“しのぶメソッド”は、患者様からの支持が厚く、気軽に相談に来る人も多い。また、最新の美容医療情報を積極的に発信中。

03-6453-6955
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。