私のライヴ感想コラムに興味を持って下さった jammin' Zeb のファンの方達へのメッセージ - 文化・芸術全般 - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:文化・芸術

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

閲覧数順 2019年05月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

私のライヴ感想コラムに興味を持って下さった jammin' Zeb のファンの方達へのメッセージ

- good

  1. 文化・芸術
  2. 文化・芸術
  3. 文化・芸術全般

この所、関東はまるで冷凍庫の様な寒さが続いておりましたが、これからは少しずつ暖かくなるというので、少しホッしている私です♪(笑)

 

そんな中、昨日私は生まれて初めて「ファンミーティング」なるものに参加して参りました♫(笑)

\(◎o◎)/!

 

私は今までそういうものに参加した事はなく、最初は入会する気は実は全く無かったのですが、私がファンであるアカペラも得意とするスーパーボーカリスト・グループ「jammin' Zeb(ジャミン・ゼブ)」のライヴでお知り合いになれたファンの方達も増えて来て、彼女達のお話しを伺うと何より楽しそうだ♪という事と、

 

又これは当初全くの想定外だったのですが、ここでライヴの感想コラムを書いた事がキッカケで、彼らのプロデューサーである宮住俊介さんとも"ファンの一人として顔見知りになれた"という安心感が、私の中では大きかったのかもしれません。

 

…という事で、私も遂に禁断の「ファンクラブ」という"大奥"に足を踏み入れてみたのでございます♪(笑)

(^^✿

 

 

 

ちなみに私は昨年、彼らのライヴの感想をコラムとして勝手に沢山書かせて頂いたのですが、どうもファンの方達の間ではそれが情報として結構広まっているらしいという事を、彼らのライヴに伺う度に実感させて頂く事も多くなり、

 

そして昨日のファンミーティングでも、ファンの方達からその話題を振られたという事もありまして、今回は私からそういうファンの方達に向けて改めてメッセージをお届けしたいと思い、この記事を書く事に致しました。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

実は「一足早いクリスマス気分を味わって参りました~☆彡」のコラムで、私は「彼らに限らず、今回でライヴなどの感想を書くのは最後にさせて頂く宣言」をさせて頂いているのですが(※その理由に付いては、このコラムの中でお伝えしております♫)、

 

こちらのコラムを読まれていない方達には、それが伝わっていないのかもしれないと感じる事もあって、今回のこのコラムで改めて私の思いをお伝えしようと思った次第です。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

と、その前に…。

 

まずは私の感想コラムに興味を持って下さっている jammin のファンの方達の為に、昨年書かせて頂いた jammin' Zeb の感想コラム全てを、改めて今回読み易い様にまとめてみました♫

(^^✿

 

 

 

【jammin' Zeb 関連のコラム】

 

 

高い波動を生む音楽を創り出す「jammin ' Zeb(ジャミン・ゼブ)」というヴォーカル・グループ

jammin' Zeb(ジャミン・ゼブ)の記事を書いたら、 凄い反応が!\(◎o◎)/!

どんどんパワーアップしている jammin' Zeb !  \(◎o◎)/!

 

 

素敵なアーティストを支えているのは、やはり彼らを愛する素敵なスタッフの方達~☆彡

小規模だけれど本当に魅力的なオムニバススタイルミュージカルを上演された「SAY NOTHING」(レンセイさん関連)

 

 

舞台は生もの!毎回違う景色が見れて面白い♫ 

とてもシックな選曲のコンサートでした♫(私の知らない名曲との出会いも沢山♡)

The 50th Summer Jazz!(^^♫

 

 

サプライズ&サプライズ!\(◎o◎)/!

サプライズ&サプライズ!\(◎o◎)/!その②

サプライズ&サプライズ!\(◎o◎)/!その③ 

サプライズ&サプライズ!\(◎o◎)/!おまけ編♫ (スティーヴさん関連)

一番素敵な人間関係 (受け継がれて行く歴史と伝統)

 

 

今回は今までにないsoulfulな大人の歌声で私を驚かせた jammin' Zeb! 

今回は今までにないsoulfulな大人の歌声で私を驚かせた jammin' Zeb!②

今回は今までにないsoulfulな大人の歌声で私を驚かせた jammin' Zeb!③

 

 

私に取って新しい世界、クロマチック・ハーモニカが奏でる上質な音楽に触れて参りました♫ (レンセイさん関連)

一足早いクリスマス気分を味わって参りました~☆彡 

 

 

 

 

【彼らのプロデューサーである宮住俊介さん関連コラム】

 

この年になって、不良始めました♫(笑)

この年になって、不良始めました♫(笑) ②

この年になって、不良始めました♫(笑) ③ 

この年になって、不良始めました♫(笑) ④ 

 

 

 

以上が私が書かせて頂いた、jammin関連の感想コラムでございます♫

☆_(_☆_)_☆

 

私は最初は単純に何も考えず、一ファンとして彼らのアーティストとしての素晴らしさをここでご紹介したくて勝手に書き始め、そして気付くといつの間にか沢山の感想コラムを書かせて頂いていたという初体験をしていた訳ですが、

 

書いている時はただただ楽しくて、そんな事は全然意識しませんでしたけれども、こうして改めて並べてみると、自分でも「エッ、私はこんなに書いていたの!?」という感じが致しました♪(笑)

\(◎o◎)/!

 

 

 

…という事で、私に取っては昨年でケジメを付けて最後とさせて頂いた「ライヴ感想コラム」に付いて、今回改めて私のコラムに興味持って下さっている jammin のファンの方達に対して、こうしてここで再度お伝えする事で、

 

jammin に限らず、私がライヴなどの感想コラムを書かなくなった理由=自分で勝手に始めていながら、何となく義務化される事から生まれる弊害と不自由さというものが自分の中に生まれて来てしまった経緯を、皆様に改めてご理解頂けましたら幸いです。

 

多分律儀で義理堅く分け隔てしない私の性格も、そういうものを感じる様になってしまった要因となってしまっているのかもしれません。

 

多分「書きたい時に気ままに書けば良いじゃん♫」と思われる方もいらっしゃる様に思いますし、基本彼らの事を書くのはとても楽しい私ですので、自分でもそう思うのですが、

 

それはそれで書かれる側の立場になれば、そこに関わる方達も含めて、新たに気を遣う面も又私の中では発生してしまうという事がありまして、そういうものも含めて、私はこの結論が一番良いのではないかと思った訳なのでござります。

(^^;

 

 

 

最初は単純に、彼らのアーティストとしての素晴らしさをここでご紹介させて頂きたいという思いから始めた「感想コラム」ではありますが、

 

以上の様な理由が私にはあります故、恐縮ながら今一度改めて私の思いをここでお伝えしておこうと思いました。

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

 

 

今回初参加させて頂いたファンミーティングのチケット♫

(^^✿

 

 

 

ちなみにこれからまだまだ続くファンミーティングなので、ネタバレになる内容はご法度とされております故、細かい事は書けませんが、やはりライヴとは又一味違った楽しさや魅力が盛り沢山で、

 

最初から最後まで彼らの温かいハートが感じられる手作り感があり、趣向を凝らしながらも参加者全員が楽しめる楽しい企画が続いて、アッという間に時間が過ぎて行った感じです♪

 

そういう彼らの優しい心遣いや雰囲気が会場やファンの方達を包み込み、本当に気持ちの良い時間を私達ファンは過ごす事ができました♫

 

そんな中で歌を歌うシーンになると、やはり彼らの本領発揮!という感じで、私は「いつまでも聴いていた~い♡」と思ってしまったのでごじゃります~☆彡

(*^^*) ~ ☆彡

 

 

 

そしてミーティング終了後は、ファンの一人一人が思い思いのポースで彼らと写真を撮ってもらえるとの事だったので、私は図々しくとんでもない事を彼らに今回リクエストさせて頂いたのですが、彼らは快く応じて下さり、お陰で私的にはとても楽しい思い出ができました♫

(^^✿

 

ちなみにガタイの良いシモンさんに、今回一番ハードなポーズをお願いしたのですが、彼は慣れないポーズがとてもシンドそうで、撮影が終わった時には多分ちょっと怒っておられました。(笑)

 

すみませんでした~。シモン様!(笑)

☆_(_☆_)_☆

 

でも女性を支える男性ダンサーが如何に強靭かという事を、ちょっとだけ彼は感じられたかもしれない!?(笑)

(^^ゞ

 

ンな事、僕の人生には必要ない!固い床で膝が痛かったッ! by シモン

"(-""-)" 

  ↑       ↑       ↑

多分彼はそう思っているはず!by エリカ

(^^;

 

(シモンさん、ハードなポーズをお願いしてごめんなさい。そういう事が分かっているので私なりに時間を気にしてサクサクしたつもりでしたが、やはり大変でしたね~。我慢して下さってありがとう!今日膝に痛みが残っていない事を祈ります)

 

 

 

ちなみにダンスを習われている(いた?)というシモンさんですので、私の目測通りにやはり私がお願したポーズは大変絵になるものでしたが、

 

後ろの中央に立って頂いた、スラリとした長身のコージローさんのポーズからは、予想外に素晴らしいセンスが感じられて私は驚きました!

\(◎o◎)/!

 

これって簡単な様で、実はなかなかできる事ではないからです!そこから私は改めて彼の持つ感性=率直且つとても柔軟であるという素晴らしい気質を感じ取る事ができました~☆彡

☆_(_☆_)_☆

 

そしてスティーヴさんとレンセイさんですが、彼らは日頃からプロとして舞台慣れされているというベースがお有りですから、お二人とも実に堂々とされていて、ポーズからはそれぞれの男性らしさを感じる事ができましたし、

 

それと共に楽しい事が大好きな若者らしいひょうきんな一面がそれぞれ見られて、私は楽しかったです♪

(*^^*) ~ ♫

 

こういう何気ない事から、舞台からはなかなか拝見できない彼らのそれぞれの"素"を身近に感じられる事が、ファンミーティングというものの魅力の一つなのだな~と私は実感致しました~♫

 

 

 

…と、気付けば「書かない」と言った感想を書いてるじゃ~~~ん!私。(笑) あは♫

(^^;

 

基本、私はやっぱり彼らの事を書く事は好きなのじゃな~♫

(^^ゞ

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年