先進企業ほどこだわっている「直接会って話すこと」 - 組織戦略・組織作り - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

先進企業ほどこだわっている「直接会って話すこと」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 組織戦略・組織作り
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 目に留まった事

 

 そもそもは1990年代半ばからですが、東京の渋谷周辺にはITベンチャー企業が集結してきていて、これをアメリカのシリコンバレーになぞらえ、渋谷の(渋い:Bitter)と(谷:Valley)をかけて「ビットバレー」と呼ぶそうです。

 

 ITバブルの崩壊によって企業の倒産や撤退が相次いで、この動きは下火になっていたようですが、当時生まれたサイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、LINEといったIT企業が、渋谷に拠点を構えながら“メガベンチャー”に成長し、それらの企業を取引先とする“スモールベンチャー”が、再び渋谷周囲に集まる動きとなっています。

 

 渋谷に集まる理由は、「流行に敏感でクリエイティブな感性を持った人が集まりやすい」「IT企業の欲しがる人材が多い」「交通の便が良い」などいろいろあるようですが、その中に、「お互いが近くにいることで、気軽に会って同僚感覚で話ができる」というものがありました。別の会社同士でも、「今から10分だけ話そう」とか「ちょっとランチをしよう」といったことで、近い場所で働いていればそれが可能になるということです。

 さらに、商談や打ち合わせを、濃い密度で効率的に行うことを考えると、思い立ったらすぐに会って話ができる、徒歩圏内のような近い距離にいることが、ビジネスの上ではとても有効だということでした。

 

 今どきのIT企業というと、様々なツールを駆使し、直接対面のコミュニケーションにはこだわらないと思いがちですが、実際はかなり違っていて、直接会って話すことをとても重視しています。

 今の技術では、それこそネット環境さえあれば、在宅勤務でもノマドでも、どこでも仕事をすることはできますし、メールやチャットのような手軽なテキストコミュニケーションがあります。さらに、テレビ電話やテレビ会議なども、大げさな設備がなくても使うことができます。

 

 ただ、日常業務はそれでよくても、事業連携やパートナー探し、資金集めといったことでは、そうはいきません。気軽な話から熱い話まで、その時の雰囲気に応じて語り合い、お互いの性格や相性を確認しながら、お互いのより良い距離感を見つけていくためには、やはり同じ時間と場所を共にすることが必要になってきます。様々な形での交流を重ねることが重要ですが、先進的なテクノロジーを駆使する企業ほど、この「直接会って話すこと」を大切にしています。

 

 技術の進歩により、コミュニケーションの手段は多様化してきました。それらをどう使い分けるかが肝心になってきますが、選択肢が増えたおかげで、従来のアナログ的なコミュニケーションのメリットとデメリットがはっきり見えてきたという面があります。

 特に、コミュニケーションツールを作り出す側でもあるIT企業の人たちは、手段を使い分けることへの意識が高く、その中でも「直接対話のコミュニケーション」を重視しているのは、他のツールではつぶしが効かない大きなメリットがあるからでしょう。

 

 ある業界の団体では、年配者が多いためにメンバーの3割は未だにメールアドレスすら持っておらず、電話か郵便でしか連絡が取れないそうです。そういう人たちも同じように、「直接会って話すのが大事」と言いますが、説得力が全く違う感じがします。

 

 その場に応じた適切なコミュニケーション手段を考えて実践するということ、その中でも実際に会っての対話を大切にするということは、先進企業や新興企業、若い人たちの方がよほど意識は高いです。

 これこそ、本当の意味での「コミュニケーション上手」と言えるのではないでしょうか。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

料金
無料

組織の課題は、当事者しかわからない事とともに、当事者であるために気づきづらい事があります。これまでの組織コンサルティングで、様々な組織課題とその改善プロセスにかかわった経験から、貴社社員へのヒアリング調査によって組織課題を明らかにし、その原因分析や対策をアドバイスします。予算がない、依頼先を見つけられないなど、社外への依頼が難しい中小法人限定です。社員ヒアリングのみで行う簡易診断になります。

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

このコラムに類似したコラム

「私語厳禁」の職場を見て思ったこと 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2019/03/12 08:00)

「認められるにはアピールが必要」という話 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2018/07/24 08:00)

変わってきている「直接会った」の境界線 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2018/07/17 08:00)

中小企業でもなってしまう「大企業病」の理由 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2018/05/29 08:00)

「やる気が出ない理由」を解決するとやる気が出るのか 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2018/05/22 08:00)