なぞなぞ:会社にいて大学にいない動物は? - 社会人留学・MBA取得 - 専門家プロファイル

MBA Lounge 
東京都
大学・大学院留学アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

閲覧数順 2019年01月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なぞなぞ:会社にいて大学にいない動物は?

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 社会人留学・MBA取得

MBAでは、ケーススタディなどを通じてクラスメートとディスカッションを重ね、ビジネス力をつけていくことができます。


クラスメートは国籍、業種、育った環境などが異なるため、意見が合わなかったり、考え方、仕事の進め方が違い、それはそれは胃が痛くなるくらい苦労します。


でも、

でも、です。


MBAを取得したあとに実社会に出た人からすれば、MBAのディスカッションはまだまだ甘い、という意見もあります。


それは大学にはいないけど、会社にはいるある動物の存在です。


そこで、なぞなぞ。

会社にいて大学にいない動物はなあに??



それはビジネススクールにはいないけど、会社にはいる動物。


それは、Hippo(カバ)です。


Hippoは英語で「カバ」という意味ですが、
もう一つ別の意味があります。


“Highest Paid Person’s Opinion”。
つまり一番エライ人。


MBAのディスカッションは様々な考えを持ったクラスメートとのやり取りなので、それはそれで苦労しますが、基本的に「MBA学生」であり全員同じ立場です。上も下もありません。


しかしながら、実社会に出ると、そうはいきません。
会社は組織でありそこには多かれ少なかれ上下関係が存在します。


会社によっては、Hippoの存在が大きくディスカッションの余地がない場合もあります。


まあ、ビジネススクールにも偉そうなHippoがいるかもしれませんが、基本的には立場は一緒ですよね。


MBAでコミュニケーション力、ビジネス力をつけたとしても、実社会のHippoとうまくやっていく力が必要なんです。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 大学・大学院留学アドバイザー)
MBA Lounge 

大学・大学院留学を目指す全ての人の夢を叶える専門家

大学・大学院留学を夢見る方々のご相談に乗っていると、かつての自分を見るようで胸いっぱいになります。私自身留学を夢見て、モヤモヤの20代を過ごしましたから。自らが学んだ事をシェアし、あなたが夢を叶えて活躍することに最高の喜びを感じます。

このコラムに類似したコラム

もしもAmazonがMBAを提供するビジネススクールだったら 川尻 秀道 - 大学・大学院留学アドバイザー(2018/09/12 00:00)

IELTS、TOEFL、GMATのスコアが低いまま出願したらどうなるのか。 川尻 秀道 - 大学・大学院留学アドバイザー(2018/08/14 01:00)

【活動報告】4/15(日)合格者激励会を開催しました。 川尻 秀道 - 大学・大学院留学アドバイザー(2018/04/21 13:34)

リーダーシップ能力を出願エッセイでどうアピールするのか? 川尻 秀道 - 大学・大学院留学アドバイザー(2018/03/22 01:00)

プレゼンテーションで失敗しないための6つのコツ 川尻 秀道 - 大学・大学院留学アドバイザー(2017/10/19 00:00)