倒産しにくい企業の創り方 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

倒産しにくい企業の創り方

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はうるしの日です。
伝統工芸品も、職人の技術に機械が猛追をしてきていて中々大変みたいです。


生活費と事業の関係についてお話をしています。
小さな仕事の強み(やりたいことと規模の一致、小回りなど)について確認しました。


すでに触れた内容ですが、ここでもう一度確認します。
倒産企業には以下の2パターンがあることをすでに説明しました。


・事業そのものがどうにもいかなくなって潰れるケース
・私生活での浪費が激しくて事業資金を使い込んでいるケース


実際にはこの両方がある程度並行しておこるのですが・・・
主要因がどちらにあったのか?は決算書をみるとかなりの確度でわかることを確認しました。


前者については、致し方がないともいえます。
問題は後者で、これを簡単な算式にするとこうなります。


◯「事業で得られる資金 < 私生活費」になると、会社は潰れる


実はこれを防止する簡単な方法があります。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

何が何でも長期が良い(2019/02/15 07:02)

返済できるだけの儲け(2019/02/12 07:02)

このコラムに類似したコラム

やりたいことを仕事にする 高橋 昌也 - 税理士(2018/11/14 07:00)

一度大きくした風船は・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2018/11/08 07:00)

適切な仕事の大きさはどれくらいなのか? 高橋 昌也 - 税理士(2018/11/04 07:00)

「現金が多い」「社長貸付が多い」倒産とは? 高橋 昌也 - 税理士(2018/10/31 07:00)

「現金が少ない」「社長借入が多い」倒産とは? 高橋 昌也 - 税理士(2018/10/30 07:00)