「ぐるぐるのぞく住宅模型展」 に展示されました - 住宅模型 - 専門家プロファイル

西島正樹/プライム一級建築士事務所 建築家
東京都
建築家
03-3354-8204
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ぐるぐるのぞく住宅模型展」 に展示されました

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅模型
作品掲載

「ぐるぐるのぞく住宅模型展 −建築家の家づくり−」

に【Trilogy − 三部作】が展示されています。


場所 リビングデザインセンターOZONE 6F 特設会場

会期 11/6(火)まで  ※水曜日休館


【Trilogy− 三部作】は、並んで建つ3つの住宅の計画です。

3つの住宅の模型が展示されています。


【Trilogy − 三部作】について

 3つに分割された分譲宅地の計画です。周囲に住宅がとりとめなく並ぶ中で、3つの家がばらばらではなく、3つそろうことで、調和あるひとつの雰囲気を生み出したいと考えました。

発想の原点に古いまちなみの風景がありました。そこでは一つ一つの家自体が、住み手の思いを反映して様々な表情を見せつつ、瓦や木板、漆喰など限られた素材と共通した構法が全体に落ち着いた統一感をもたらしていました。一つ一つの多様性を受け止め、全体としての調和を実現していたわけです。

そのような世界をこの3つの家で実現できないかと考えました。そこで共通するルールとして、外装材を共通する素材に決めました。それは、ギングロ色のガルバリウム鋼板です。ギングロ色のもつ静かで重たい表情は、雑多な住宅地の中で存在感を示すに違いない。そして外装材以外は、建主の要望をもとに自由に設計にすることで、自ずと個別の特徴が生まれるであろうと考えました。そこから、統一と多様性を合わせ持つ住宅群をめざしていきました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
西島正樹/プライム一級建築士事務所 建築家

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

家づくりを大切に考えることは、生き方を大切に考えることにつながるのではないでしょうか。一人ひとりの生き方、考え方に呼応してこそ、住む人の心を育む建築空間が生まれます。この世にひとつだけの家づくり。ぜひ、ご一緒できればと願っています。

03-3354-8204
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「作品掲載」のコラム

NHK「美の壺」に出演します(2017/10/30 17:10)

このコラムに類似したコラム

外観のお披露目 松永 隆文 - 建築家(2016/05/30 09:01)

【模型製作現場ユーストリームライブ】 阿部 貴日呼 - 建築家(2011/11/03 12:51)

住宅模型 小木野 貴光 - 建築家(2011/06/07 02:02)

診察室のクリニック家具は細かくデザイン 小木野 貴光 - 建築家(2018/02/22 22:00)