部下が本気で学んでくれません(コンプライアンスを) - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2018年12月13日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

部下が本気で学んでくれません(コンプライアンスを)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
日常を哲学する

そんな時はどうしたらいい?

(Q)
ある上場企業でコンプライアンス研修を担当しています。
悩みがあるので聞いて下さい。

社内講師としてコンプライアンス教育を実施しているのですが、
社員がなかなか本気でやってくれません

自分なりにはいろいろ工夫しているんですが、上手くいかないんです。
ハイハイ分かりましたって感じで流してくる

私のことを知っているかつての部下でさえそうなんです。

せっかく教えているのですからもっと本気というか熱心になって欲しいです。
講義の内容を変えた方がいいのでしょうか?どうしたらいいですか?

アドバイスをお願いします。


(A)
ハイハイ分かりましたって感じで流してくる、というのは凹みますね。
立場は違えども同じ教える者としてお気持ち察します。

アドバイスですが、私はこう考えます。
「そう思っているのなら、素直にそれを表現してみたらいい」と

話しが流されてしまうということは、ちょっと辛口の言い方になりますが、
相手に軽く見られている(なめられている)ということなんだと思います。


だから、まずそこをひっくり返さなければいけない


「お前ら何言ってんだ?おれはこれだけ本気でやってるんだぞ。それをハイハイで流すとは何事だ?」と
言葉だけでなく、全身で発するのです


相手を本気にさせたければまずあなた自身が本気になる
スルーされたらそれを到底黙認できないくらいまで本気でコンプライアンスを教える。


講義の内容を変えることを検討するのはその後でいいと思います。


中沢 努

(無断転載や無断複製禁止)

※ これは、弊社が行っている教育やコンサルティング で実際に使用しているものです。
(クリックで別サイトが開きます)


コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、http://pensee-cmp.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

カテゴリ 「日常を哲学する」のコラム

違反企業(1)(2018/12/12 13:12)

部下の心を打つには(2018/12/11 15:12)

研修効果を上げるノウハウ(2018/12/07 12:12)

飲酒問題を防ぐには(2018/12/04 18:12)

このコラムに類似したコラム

飲酒問題を防ぐには 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2018/12/04 18:22)

社内講師、コンプライアンス研修で何を話したらいい? 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2018/11/30 14:32)

社内コンプライアンス研修の方法(3) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2018/11/27 09:49)

会長や社長に「コンプライアンス違反しろ」と言われたら 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2018/11/22 11:04)

社内コンプライアンス研修の方法(2) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2018/11/21 10:58)