土地の公示価格 - 各種の住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

真崎 喜雄
真崎 喜雄
(ファイナンシャルプランナー)
前野 稔
前野 稔
(ファイナンシャルプランナー)
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

閲覧数順 2020年02月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

土地の公示価格とは、国土交通省が毎年11日時点における標準地の価格を3月に公示するものです。

今年の公示価格のポイントは

○全国平均では住宅地の平均変動率が、昨年の横ばいから、10年ぶりに上昇に転じました。

○全国平均では商業地の平均変動率が、3年連続の上昇。

○地方圏の商業地・工業地の平均変動率は26年ぶりに上昇に転じました。

商業地における東京圏の平均変動率は5年連続の上昇で、4.3%の上昇(上昇幅は昨年より拡大)。

○商業地における大阪圏の平均変動率は5年連続の上昇で、5.9%の上昇(上昇幅は昨年より拡大)。

○商業地における名古屋圏の平均変動率は5年連続の上昇で、3.6%の上昇(上昇幅は昨年より拡大)。

○工業地は全国的に需要の回復が見られる。特にインターネット通販の普及等もあり、道路アクセスの良い物流施設の建設適地では大型物流施設建設に対する需要が旺盛であるため、地価は総じて堅調に推移しています。

 国土交通省が今年度の結果の概要として「上昇」というキーワードを多く使用していましたから、当面は土地の価格が上がりそうですね


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

お金の相談10000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。