養育費の決め方、それでいいのですか?② - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

MAC行政書士事務所 代表行政書士
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年11月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

養育費の決め方、それでいいのですか?②

- good

 

・・・前回からの続きです。
 

当事務所では離婚の際の公正証書・協議書作成の

 

お手伝いをしております

 

 

家庭裁判所において,

養育費又は婚姻費用の算定をする際に

参考とされる資料に

 

養育費・婚姻費用算定表

 

というものがあります。

 

 

 

ここでちょっとシミュレーションを

 

してみましょう。

 

夫:38歳 会社員 年収510万円

妻:38歳 会社員 年収299万円

 

ご夫婦の年収は

 

民間給与実態統計調査

 

(平 成28年9月 国税庁長官官房企画課)

 

「年齢階層別の平均給与」からもってきました)

 

このご夫婦に5歳のお子さんがいるとします。

 

妻がお子さんを引き取るとして

 

養育費がいくらになるかを

 

先ほどの養育費算定表に当てはめると・・・

 

「養育費は月額2~4万円

 

そうですかぁ・・・

 

裁判所が活用している資料ですからね

 

でも、ごめんなさい。

 

 

「自分の遺伝子引き継いだ大切な子どもを

 

育ててもらうのに、年収500万で

 

月2~4万円ってどういうこと」

 

「ちなみにSA〇IXの月謝56,700円(小6)だかんね

 

と感じてしまうのは私だけでしょうか・・・

 

(あ、べつに塾はお勧めするわけではありません。


金額の対比として見ていただければと)

 

 

それに加えて

 

ちょっと細かい部分見ていきますね

 

このケースで実際に養育費を

 

3万円と取り決めたとして

 

児童扶養手当の所得制限

 

どうなるか?

 

給与収入299万の

 

所得金額は180万円

 

そこから社会保険相当額引いて

 

養育費の8割相当を足しこむと・・

 

うぅっ

 

限度額超えてしまうので

 

「児童扶養手当もらえない

 

医療費助成の対象にならないかも

 

水道の減免の対象にならないかも

交通機関の割引受けられないかも

 

 

 

東京都に住んでいなかったら

 

児童育成手当無いし、

 

残るは児童手当1万円のみ。

 

養育費3万円と児童手当1万円。

 

それと自分のお給料。

 

それで子どもの世話+フルタイム仕事

 

残業ができなかったり、

 

休日出勤できなかったりで

 

今までより給料の手取りが落ちる可能性高いし

 

昇級もままならない。

 

かたや月に3万円を

 

振り込むだけ・・

 

 

 

養育費算定表だけをもとに

 

「裁判所で決められた金額」

 

と認識してしまい

 

決定してしまうのは

 

危険かと・・

 

 

 

もう一つ資料を紹介すると

 

日本弁護士連合会が

 

昨年11月最高裁判所長官、厚生労働大臣及び法務大臣に提出した

 

新算定表

 

こちらの表に上記のケースを当てはめると

 

「養育費は月額7万円

 

裁判所の算定表とかなり違ってきますね。

 

 

じゃあどっちがいいの

 

養育費の相場は

 

 

 

・・・と、その前に考えていただきたいことが

 

あるのです。

 

続く・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

結婚生活で悩みがあったら・・・夫婦カウンセラー 藤原 文 は

夫婦間でおきたあなたの不安を解消するお手伝いをいたします。

悩みが大きくなって「離婚」の文字が頭をよぎってしまったら・・

夫婦カウンセラー 藤原 文 

あなたのそんな苦しみを精神的サポートに加え、

行政書士として法律面からのアドバイス、

ファイナンシャルプランナーとして経済面からのアドバイスで

サポートいたします。

あなたの笑顔が一日でも早く戻りますように。

ご連絡はこちらまで

 

 


 

 

エキサイトお悩み相談室

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 行政書士)
MAC行政書士事務所 代表行政書士

法律面・精神面・経済面の3つの視点からあなたをサポート

行政書士・夫婦カウンセラー・家族法務カウンセラー・現役塾講師として特に離婚の際のカウンセリング・公正証書の作成を通じ、法律面・精神面・経済面から多角的に「女性の自立・子育て・笑顔」をサポートしています。